マクラーレン「GT」、2700万円の実力を徹底試乗

ゴルフバッグ2個が載るスーパースポーツ誕生

そして、多くの人が知る故アイルトン・セナとアラン・プロストがドライブするマクラーレン・ホンダの活躍が記憶に残る。マクラーレンは、現在もF1において重要なチームのひとつに変わりなく、さまざまなレギュレーションに対応しながら飽くなきエンジニアリングの追求と、チャンピオンシップへのチャレンジを続けている。

現在は「McLaren Racing Limited」がF1活動を行い、マクラーレンのグループ会社「マクラーレン・オートモーティブ」が公道走行可能なロードカーをサリー州ウォーキングでハンドメイド生産している。そのマクラーレン・オートモーティブは、公道走行マシンの販売において、2020年末の時点で35ヵ国へ輸出し、最大のマーケットであるアメリカを中心に103店舗のディーラーネットワークで販売を行っている。

生産台数の推移としては、2012年の1553台からはじまり、2018年には4831台まで生産を伸ばした。2020年は、COVID-19の影響もあり、1700台に落ち込んだが、2021年はArturaという超高性能ハイブリッドモデルと新型765LTの導入で3600台の生産を予定。長期的には、年間5000台を安定供給する計画だ。

マクラーレンのロードスポーツカーとは

マクラーレンの市販車は、大きく分けて4つのセグメントでユーザーニーズに対応している。トップセグメントは、「アルティメットシリーズ」で限定車や1000馬力級の超高出力高性能のマシン群だ。「スーパーシリーズ」はいわゆるスーパーカーカテゴリー。そのほか、エントリーモデルセグメント「スポーツシリーズ」、初のグランツーリズモ「グランドツアラー」と4グレードを用意している。

そんなグレード構成の中で今回試乗したのは、マクラーレンの中でもどちらかと言うと長距離を走り込めるマシン「マクラーレンNEW GT」(以下GT)だ。GTは、その名のとおり「グランドツアラーコンセプト」で、マクラーレンTokyoによると「ロンドンからバルセロナまで片道1600kmを快適に」というテーマがあるそうだ。グランドツアラーと銘打っているが、本当にそこまで走り込めるのか? 楽しみになってきた。

深みのあるブルーメタリック「Namaka Blue」にペイントされ、目の前に佇むマシンは、ロー・ワイド・ロングのスーパーカーそのもの。とはいえ、その美しいボディシェイプには、大袈裟なエアロパーツはなく、大人に嬉しいシルエットで、とてもエレガントな印象を受ける。

今回試乗したのは、マクラーレンのグランドツアラーに位置する「GT」だ。価格は、2695万円〜(東洋経済オンライン編集部撮影)
次ページエレガントを極めたGTの内外装
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT