Apple Watchの「文字盤」で人と差をつける裏技

場所や時間帯で「自動的」に文字盤を変更する

「watchOS 7」で強化された、Apple Watchの文字盤を使いこなす技を紹介する(筆者撮影)

スマートウォッチの分野で独り勝ちを続けるApple Watch。調査会社MM総研が発表した日本でのシェアは2019年度通期で48.6%と、全体の半数程度を占めるに至っている。コロナ禍で健康管理の意識が高まっていることや、iPhone、iPadやMacとの連携がさらに強化されていることから、今後の成長も期待できそうだ。

この連載の一覧はこちら

「watchOS 7.3」では、日本で心電図を取る機能がついに利用可能になり、ニーズがさらに高まっている。2020年9月には、正統進化モデルのApple Watch Series 6と廉価版のApple Watch SEにバリエーションを拡大。単体で見守り端末のように使える、ファミリー共有設定も用意した。

時計の形を模してはいるものの、Apple Watchはスマートフォンなどのコンピューターに近い。文字盤もあくまでデジタルコンテンツとして作られているため、アナログの時計と違い、毎日の気分や服装に合わせて、気軽に変更することが可能だ。Apple Watchに搭載されるwatchOS 7(最新バージョンは7.3)では、この文字盤の機能が強化された。

例えば、文字盤に配置できるウィジェットのようなコンプリケーションは、これまで1アプリにつき1つまでと制限があったが、それが撤廃され、文字盤をカスタマイズしやすくなった。カスタマイズした文字盤を共有できる機能も、新たに加わっている。ベストな文字盤が作れれば、Apple Watchがさらに使いやすくなるはずだ。そこで今回は、Apple Watchの文字盤に関する基本から、裏技までを一挙に紹介していこう。

1.コンプリケーションをカスタマイズ

種類によって配置できる場所やサイズ、数などの違いはあるが、Apple Watchの使い勝手を高めるうえで、コンプリケーションのカスタマイズは必須と言っていいだろう。スマートフォンにおけるウィジェットのような存在で、文字盤上に天気予報やワークアウトの進捗状況を表示したり、特定のアプリをすぐに立ち上げたりといったことが可能になる。コンプリケーションはサードパーティも作成できるため、利用頻度の高いアプリが対応していれば、それを設定しておいてもいい。

Apple Watchには、さまざまなコンプリケーションが用意されている。サードパーティ製のものも設定可能(筆者撮影)

例えば、決済アプリのPayPayも、コンプリケーションを用意している。これを設定しておくと、文字盤をタップするだけですぐにApple Watch上でPayPayアプリが立ち上がり、右方向にフリックすると決済に必要なバーコードが表示される。Apple Payも利用できるApple Watchだが、店舗によってはPayPayにしか対応していないケースもある。このようなときに、iPhoneを取り出す必要なく、すぐにPayPayを立ち上げられるのは便利だ。

コンプリケーションのカスタマイズはApple Watch上でもできるが、ディスプレーが小さく、コンプリケーションはさらに細かいため、変更には手間がかかる。カスタマイズしたいときは、iPhone上のWatchアプリから変更することをお勧めしたい。アプリを入れれば入れるほど、組み合わせが多彩になるため、できるだけコンプリケーションを配置できる文字盤を使いたくなるはずだ。

次ページコンプリケーションの機能が強化されたwatchOS 7
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT