おこづかいを「無計画に」あげる家庭が危うい訳

成人年齢は18歳に引き下げ、マネー教育は急務

こどもにおこづかいをどうあげるべきか、悩む親は多いのではないでしょうか(写真:mits / PIXTA)
子どもが「経済的に自立した大人」になることを親は望むもの。しかし、実際に子どもの金銭感覚を育てることは容易ではありません。おこづかいも「何となく」で決めている家庭も多いのではないでしょうか。
新著『最新版 子どもにおこづかいをあげよう!』では、少額からだんだん大きな額を自分で管理して使いこなす方法が紹介されています。本稿では同書から一部を抜粋しお届けします。

金ちゃん(小学校1年生)のおカネ事情

次ページいい方法とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT