名古屋発「フルーツ大福弁才天」驚きの誕生秘話

東京や大阪にも出店、2021年に50店舗の見通し

「具体的な話になりますが、加盟金や研修費などの権利金だけで1000万円以上かかります。さらに店舗の設計や建設なども含めると総額2500万円くらいの投資が必要になります。資金だけではなく、みっちりと2カ月間、研修という形でスタッフと同じ仕事をしてもらいます。そこで認められなければのれん分けはできません。実際、70件くらい応募があって、のれん分けしたのは、わずか10件でした」

現在、直営店10店舗、のれん分け店20店舗を展開している。フルーツ大福は常時12種類を用意していて、フルーツの種類によって価格が異なる。いちばん安いもので1個430円。高いものになると1個1500円。とくに新型コロナの影響もあって、家で過ごす機会が増えたことから、売り上げも右肩上がりに伸びていった。

パリジェンヌをフルーツ大福でうならせたい

のれん分け店は東京や大阪、岡山、福岡にもあり、今年は50店舗になる見通しだという。が、全国展開を目的にしているわけではないし、売り上げの目標を決めているわけでもない。「弁才天」のフルーツ大福が食べたいという人がいる限り、それを届けたいという思いがすべてであり、全国展開は手段にすぎない。

「すでに香港や台湾、シンガポールからのれん分けの話をいただいていますが、ゆくゆくはパリやミラノ、ニューヨークなど世界のカルチャーの発信地で勝負したいという気持ちはあります。シャンゼリゼ通りでパリジェンヌがフルーツ大福を食べていたらと考えただけでワクワクします。ラーメンや寿司が世界中で食べられているにもかかわらず、和菓子が今ひとつなのは、豆を炊いたあんこを押し付けようとしているからではないでしょうか? フルーツを食べる習慣がある海外では、薄皮薄あんのフルーツ大福なら勝算があると思います」

新型コロナの影響もあり、海外進出はまったくメドが立っていない。しかし、大野さんのバイタリティーをもってすれば、海外でフルーツ大福が日本のカルチャーとして迎えられる日はそんなに遠くはないだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT