コロナで「勉強不安が再燃」の親子がすべきこと

「今だからこそ」のテーマで「思考力」を鍛える

 トイレットペーパーなど、物資が枯渇するという情報が正しくなくても、なぜ人は購入に走るのか? 自分だったらどう行動するか?
 オンライン授業と通常授業のメリットとデメリットとは何か? 自分はどちらに向いているか? またそれはなぜだろうか?
 コロナによって生活の何が変わったか?
 テレビ番組の作り方はどう変わったか?
 テレビCMはソーシャルディスタンスを意識して作られているか、そうではないか。意識してないとしたらそれはなぜか?
 コロナになってYouTuberたちはどのようなテーマを出しているか
 海外旅行に行けなくなると、人はどういう行動をとるのか
 コロナ期でも繁盛しているレストランはどのようなレストランか?
 非常時に出てくる新しいテクノロジーや仕事はどんなことか? またそれはなぜか? 

また、図や表をみて読み取る問題が、今後の入試では多く出題されます。そこで、統計データから何がわかるのかということも、身近なテーマを使って慣れてしまいましょう。

非常期においては、毎日のようにグラフや表が出てくる傾向にあるためそれを有効活用するのです。

例えば、

 コロナ感染者数のグラフと100年前のスペイン風の感染者数のグラフを見比べてみて何がわかるか?
 47都道府県の感染者数のばらつきはなぜ起こるのか?
 人口当たりの感染率でみたらどういう順位になるか?
 同じ感染症対策をしていて、なぜ新型コロナは増えて、インフルエンザは激減しているのか?

こうした”思考活動“をしていると、日常の観察力が高まり、調べる習慣がつくといった知的効果があるだけでなく、物事を冷静に見る習慣が身につきます。

非常期だからこその対話で「学び」を

非常期の気持ちは不安、心配、恐怖に向かいがちです。しかし、このような非常期特有のテーマを意識的に目的を持って話題にすることで、論理的思考ができ、ネガティブな感情が緩和する可能性もあることでしょう。そして時には、楽しさや面白さも誘発されることもあるはずです。

以上のような問いに、子どもが乗ってこない場合もあります。それはそれでまったく問題ありません。そのときは親の学びの機会にしてしまえばいいのです。このような問題意識を大人が持つことで、その姿は自然と子どもに目に映ることでしょう。

また、子どもはこのような問いに対して「わからない」という言葉で返してくることもあります。それも問題ありません。なぜなら、このような問いをされて、一瞬でも子どもは「思考状態」になるからです。思考すること自体が重要なのであって、答えが出るかどうか、正しいかどうかは二の次だからです。

ぜひ、非常期にしか扱えないテーマで対話することで、「学びの土台」と「気持ちの安定」をもたらしてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT