聴衆の意表を突いた、キャメロン英首相

田坂広志 多摩大学大学院教授に聞く(4)

当然のことながら、ダボス会議に出席している世界のトップリーダー達の注目が集まります。そして、その注目は、そのまま、キャメロン首相にとっては、相当なプレッシャーだったでしょう。

「彼は、どのようにして、このデビュー戦を飾るか?」

誰もが、その興味を持って、彼の基調講演に注目していました。

しかし、彼の政権は、まだスタートしたばかり。実績は無い。経験を重ねた人物の重厚感で勝負する年齢でもない。

そこで、彼は、どうしたか?

――どうしたのでしょうか?

実は、世界のトップリーダー達が注目するこの大舞台において、キャメロンは、意表を突く戦略に出たのです。それは、何か?

「会場との質疑応答」で勝負する。

彼は、その戦略を採ったのです。

それは、通常、ダボス会議での基調講演において、国家リーダーが行わないスタイルです。

通常、国家リーダーが基調講演を行うときは、まず演台の前に立ち、スピーチを行う。

その後、クラウス・シュワブ会長と着席して、会長との対話や会場との質疑に入る。

しかし、キャメロンは、そのスタイルを採らなかったのです。

彼は、まず、原稿も読まず、聴衆に対して熱く語りかけ、その後、ステージから会場の聴衆に向かって質問を求めた。そして、自ら聴衆を指名しながら、会場から出る質問に、次々と、当意即妙に答えていったのです。

――なるほど……

そして、この戦略は、見事に成功した。
   このキャメロンのパフォーマンスを見て、多くの聴衆は、

「キャメロンは、若いのに腹が据わっている」
 「様々な政策について、よく勉強している」
 「さすがに、あの若さで保守党のエースにのし上がるだけあって、話術は見事だ」

といった評価を下し、キャメロンは、ダボス会議のデビュー戦を、見事に飾ったのです。

次ページリスクの多い「聴衆との対話」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT