聴衆の意表を突いた、キャメロン英首相

田坂広志 多摩大学大学院教授に聞く(4)

リスクの多い「聴衆との対話」

――たしかに、それは、「聴衆の意表を突く戦略」ですね・・・。

ええ、その通りです。
 この場面で、多くの聴衆は、「キャメロンは、どのようなスピーチをするか」と期待しています。それに対して、キャメロンは、「スピーチの内容」で聴衆の評価を取るよりも、むしろ「質疑応答のスタイル」で聴衆の評価を取る戦略に出たわけです。

そして、この「聴衆の意表を突く戦略」を採ることによって、聴衆を自分の土俵に巻き込み、自分のペースでリードしていったわけです。

――それが、彼に、デビュー戦での成功をもたらしたと・・・。

そうです。では、なぜ、キャメロンは、こうした戦略を採ることができたのか?
   そこには、一つの背景があります。
 それは、彼が、YGLのメンバーであったことです。
   YGLとは、Young Global Leadersの略。ダボス会議を主催する世界経済フォーラムが毎年選ぶ、世界の若手リーダーのことですが、キャメロンは、若い政治家の時代に、このYGLに選ばれ、ダボス会議という場に聴衆として参加し、逆の立場から、数多くの国家リーダーのスピーチを見てきたからです。

では、なぜ、キャメロンの「質疑応答のスタイル」が、戦略として成功したのか?

それが、「最もリスクのあるスタイル」だからです。

次ページ「最もリスクのあるスタイル」とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT