ダボス会議で最高のスピーカーは誰か

田坂広志 多摩大学大学院教授に聞く(1)

 毎年1月、世界のトップリーダー2500名がスイスの保養地ダボスに集まる「ダボス会議」。このダボス会議を主催する世界経済フォーラムの「Global Agenda Council」のメンバーとして、毎年、この会議に出席しているのが田坂広志氏だ。
 同氏は、ビル・クリントン元米大統領、アル・ゴア元米副大統領、トニー・ブレア元英首相、ゴードン・ブラウン前英首相、デーヴィッド・キャメロン英首相、ニコラ・サルコジ前仏大統領、アンゲラ・メルケル独首相、ウラジーミル・プーチン露大統領、さらには、ビル・ゲイツ・マイクロソフト共同創業者・元会長、ムハマド・ユヌス・グラミン銀行創設者など、数多くのトップリーダーのスピーチを聴いてきた。
 では、同氏が出席してきたダボス会議で、最高のスピーカーは誰か。これから全4回にわたって、強く印象に残っている4人のリーダーの話術について、語ってもらう。第1回は、ニコラ・サルコジ前フランス大統領のスピーチについて伺う。
ダボス会議で最高のスピーカーは誰か?第1回はサルコジ前フランス大統領(ロイター/アフロ)

「胆力」で聴衆を呑んだサルコジ前フランス大統領

――ダボス会議において、フランス前大統領のニコラ・サルコジのスピーチを聴いたとき、その印象は、どうだったでしょうか?

フランスは、大統領クラスになると、誰もがスピーチはうまいので、サルコジも、スピーチの技術はうまいのです。しかし、初めて彼のスピーチを聴いたとき、その「技術」よりも、その「内容」に驚きました。

彼のスピーチを聴いた瞬間、

「この聴衆の前で、こんな話をして良いのか?」
「聴衆は、内心、相当な反発を感じているのではないか?」
そう感じたのですが、次の瞬間、何が起こったか?

彼は、話術における「究極の力量」と呼ぶべきものを使ったのです。

そして、一瞬にして、その場の雰囲気を制したのです。

――「究極の力量」とは、何ですか?

「胆力」です。

いまや、日本において、この言葉は「死語」となりつつありますが、サルコジは、その「胆力」によって、ダボス会議の場を制したのです。

次ページサルコジは、どうやって場を制したのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT