聴衆の意表を突いた、キャメロン英首相

田坂広志 多摩大学大学院教授に聞く(4)

――ところで、翌年以降のキャメロンのスピーチは、どうだったでしょうか?

良い質問ですね・・・笑。
 実は、2011年のダボス会議では鮮烈なデビュー戦を飾ったキャメロンでしたが、今年、2014年のダボス会議でのスピーチは、余り高い評価を得ていないのです。

やはり、政治家は、結果がすべて。

現在のイギリス国内での政策の難航が、キャメロンのスピーチにも現れていました。
 そこが、「期待値」で勝負できるデビュー戦と、「実績」が問われる登壇との、決定的な違いなのですね。

――やはり、世界のトップリーダー2500名が集まるダボス会議は、厳しい世界ですね・・・。

そうですね。だからこそ、国家リーダーにとっては、その「話術」と「人間力」が最も深く問われる「最高の修業の場」になるのでしょう。

――4回のインタビュー、有り難うございました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT