「えんとつ町のプペル」疑った私が裏切られた訳

あのブームに覚える違和感と映画の完成度

映画は、西野さんご本人も「これは、今までのチャレンジとは規模が違う」と言うほどの、ビッグビジネスです。

先ほど「興行収入100億円だとしても赤字」という西野さんの発言を紹介しましたが、2019年に興行収入が100億円を超えた映画は、『天気の子』『アナと雪の女王2』など4本だけ、2020年は現在のところ『鬼滅の刃』のみです。

そうしたビッグビジネスにおいて、ファンコミュニティは、どの程度の存在感を発揮するのか。これは、映画の内容とは別に、とても興味を引かれるところです。そして「プペル」が興行的に成功をおさめるかどうかは、今後の日本映画の作り方や売り方にも大きな影響を与えると感じます。

先入観があった人も、まずは劇場へ

映画の中では、既存の権力に対抗するプペルやルビッチの挑戦が描かれています。

最初は笑われ、次に恐れられて迫害される。そうした主人公たちの姿は、私には、お笑い界を飛び出し次々と新しいチャレンジをする西野さんに重なって見えました。

折しも、日本で一番早い上映会に現れた西野さんは、

「挑戦する人を笑う、夢を語れば叩かれる、この世界を終わらせにきた」

と発言し、会場の喝采をあびました。

この西野さんの発言を

「既存のシステムを一緒にぶっ壊していこう、と言ってもらった」

ととるか、

「既存のシステムに乗るつまらない人間は消えろ、と言われた」
と、とるか。

ちなみに、私は比較的、後者の気分で映画を観始めました。

けれども、冒頭申し上げたとおり、そんな先入観があったにもかかわらず、「食わず嫌いしなくてよかった」と、心から思った映画でありました。

私と同じような理由で、なんとなく『えんとつ町のプペル』を敬遠していた人へ。「ひとまず観てみませんか? なかなかよかったんですよー」とお伝えしたくて、書いた次第です。

現場からは、以上です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT