不倫を描いて炎上しない「恋する母たち」の秘密

原作マンガとドラマは実はここまで違った

写真左はTBS「恋する母たち」HPより、写真右は原作本
コロナ自粛の影響で、近年になく映像作品に親しむようになった人が増えています。より日常が豊かになるような、映像作品の楽しみ方とは? コラムニストの佐藤友美(さとゆみ)さんが、ドラマと日常の間に、華麗に接線を引いていきます。
今回のテーマは『恋する母たち』。ドラマと原作漫画の双方に関して、ネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はどうぞご注意ください

「母の恋」がバッシングされなかった理由

12月19日に放送された最終回ではTwitterのトレンド1位を獲得し、直後に生配信された出演者によるアフタートークは72時間で約60万回超再生。

この連載の記事一覧はこちら

中高一貫校に息子を通わせる母親たちの恋を描き、「だめキュン(本当はだめだけど、キュンキュンくる)」なる言葉まで生み出された「恋する母たち」が、話題です。

折しも、筆者が昨日行った自由が丘の美容院でも「ドラマに出演した吉田羊さんの髪型にしたいというお客様が多い」とのこと。美容師さんいわく、ドラマの女優さんの髪型にしたいというオーダーがここまで多いのは、「逃げ恥」(「逃げるは恥だが役に立つ」)の石田ゆり子さん以来だと言います。

初回以降1ケタ推移だった視聴率は、最終回は10.3%に。主婦層の絶大な支持を集め、話題も尽きなかった、この「恋する母たち」。このドラマの何が、女性たちを強く引きつけたのか。そしてなにより、不倫バッシングが続くこのご時世、なぜ「母の恋」を描いたこのドラマが受け入れられたのか。

個人的には、原作からドラマに改変するにあたっての、製作陣の細心の配慮が、このドラマをセーフティーに着地させたと感じています。

というわけで、今回は、「原作とドラマ、ここが違った!」について考察してみますね(この先は、原作・ドラマともにがつっとネタバレします)。

次ページ割愛、変更されたエピソードにカギが
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT