余韻続く「バチェロレッテ」予想外の"真の勝者"

2カ月拘束されても余りある"費用対効果"

「バチェロレッテ・ジャパン」の番宣に使用されたこのカット。実は萌子さんが手に持っている3人が、最終的に残った3人だったと、のちに話題に・・・(イラスト:momokoharada)
コロナ自粛の影響で、近年になく映像作品に親しむようになった人が増えています。より日常が豊かになるような、映像作品の楽しみ方とは? コラムニストの佐藤友美(さとゆみ)さんが、ドラマと日常の間に、華麗に接線を引いていきます。
今回のテーマは『バチェロレッテ・ジャパン』です。ネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はどうぞご注意ください。

試合に負けて勝負に勝った人は・・・

最終回の配信から半月以上経っても、まだまだ話題の『バチェロレッテ・ジャパン』。

佐藤友美さんによる新連載です

数々のメディアで出演者たちのインタビューが掲載され、番組の裏話が明かされるにいたって、「2度見・3度見」族や、今から参戦する「追っかけ見」族が、後を断ちません。

映像業界で働く友人いわく、

「いま、どこの動画配信媒体の打ち合わせにいっても、『バチェロレッテ』のヒットに続けという空気感。久しぶりの話題作」

なのだとか。

先日は落合陽一氏が進行するNews Picksの「WEEKLY OCHIAI」内でも、この番組についての討論会が行われるなど、その影響は、エンタメ界を超えてビジネス文脈にも及んでいます。

さて。この番組に対して数々のレビューが散見される今日、いまさら何かを語るのも気が引けるところなのですが。番組が終了して多少の時間が経った今だからこそ感じることを、ちょっと書きたいなと思うのです。

それは何かというとーー。

結局、本当の勝者は誰だったのか、ということです。

婚活リアリティバラエティ番組『バチェラー』の男女逆転版として、はじめて女性が男性を選ぶ番となった『バチェロレッテ・ジャパン』。

すでにご存じの方も多いと思いますが、この番組、主役である福田萌子さんが「最終的に誰も選ばない」という、前代未聞の決断を下したため、勝者不在の幕切れとなりました。

だが、しかし、なのですよね。

番組出演者、とくに後半戦まで生き残った男性陣の、後追いインタビュー記事を読んだり、さまざまな露出を見たりするにつけ、

「あ〜! 試合に負けて、勝負に勝った人が結構いるなー」という感想をいだくにいたりました。

次ページ「番組出演によるメリット」は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT