渡部、東出、優樹菜、2020年不倫芸能人の共通点

自分だけでは気づけない、隠し切れない危うさ

たちの悪い不倫をする人には共通点がありました(写真:Pasya/アフロ、Rodrigo Reyes Marin/アフロ、アフロ)

7月9日、複数メディアが木下優樹菜さんの不倫疑惑を報じました。木下さんと言えば、姉が働いていたタピオカドリンク店の経営者に対する恫喝騒動をきっかけに芸能活動を自粛していましたが、今月1日に活動再開しながらも、6日に芸能界引退を発表したばかり。しかも不倫相手に3人の男性が浮上しているほか、「裏は取れている」と語るメディアもいるなど厳しい論調が目立ちます。

真相はわからないものの、あわてて引退発表して口をつぐんでしまっただけに、世間の見方を覆すことは難しく、「東出昌大、渡部建に続く、2020年3人目のゲス不倫」という声も少なくありません。案の定と言うべきか、まだ記憶に新しい2人と木下さんには、いくつかの共通点が見られるのです。

それらの共通点は売れっ子の芸能人だけでなく、一般人にも当てはまることも含まれていました。世間を騒がせた東出さん、渡部さん、木下さんにはどんな共通点があり、なぜそれが不倫につながってしまったのでしょうか。

過剰な「よき夫」「いいママ」アピール

まず誰の目にもはっきりわかる共通点は、結婚によってイメージアップし、仕事が増えるなどステイタスが上がったこと。東出さんはメインキャストとしてのオファーが増え、渡部さんは情報番組のMCや芸能界のグルメ王として定着し、木下さんはママタレントのトップクラスに登り詰めました。

しかし、「好事魔多し」なのか、「油断大敵」なのか。仕事の調子がよく、ステイタスが上がったことが、「自分は成功しているから不倫くらい大丈夫」という根拠のない自信につながってしまいました。不倫が発覚したら家族だけでなく、現在の仕事やステイタスも失ってしまうリスクが高いにもかかわらず、利己的な欲求に勝てなかったのは、「こんなにうまくいっているのだから自分だけはバレないだろう」という気持ちがあったからとしか思えないのです。

それに伴う共通点として特筆すべきは、3人が「よき夫」「いいママ」というアピールをしていたこと。実際ネット上には、たびたび家族の話を口にしていた3人に対して、「そこまでアピールすると、かえってあやしく見えてしまう」という声も上がっていました。

次ページ芸能人だけではなく一般人も同じ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。