「社会人野球でも戦力外」元プロが挑む意外な道

3度の戦力外通告を受けた矢地健人の今

社会人野球でも目立った成績を残せなかった矢地健人。引退から3年が経った(写真:TBSテレビ)
華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビの『プロ野球戦力外通告』だ。12月29日(火)夜11時10分からの放送回で通算17回目を迎えるこのシリーズ。プロ野球選手の姿は特別ではなく、誰の身にも起こりうる『究極のリアル』でもある。放送を控え、過去の番組に関わるサイドストーリーを取材班が5回にわたってリポートする。
第4回は矢地健人(やち・けんと)。2009年オフに中日ドラゴンズから育成1巡目で指名を受け、入団。2010年に支配下登録されたが、活躍できずに2014年戦力外通告を受ける。その後、千葉ロッテマリーンズの入団テストに合格し、契約を結んだが、2015年に2度目の戦力外通告を受けた。マリーンズ退団後は、社会人野球チームの新日鐵住金東海REXに入団。ただ2017年に3度目の戦力外通告を受けて引退。今は社業に専念している。
第3回:プロ引退1年、森福允彦を今も支える2つの武器

チームの戦力になれなかった

「来年は、上がろうか」

3年前の秋。監督室で、矢地健人はそう告げられた。それは矢地にとって人生3度目の戦力外通告だった。“上がる”とは、現役引退を意味する。

「戦力となれず、申し訳ありませんでした」

頭を下げ、監督室をあとにした。

中日、ロッテでも戦力外通告を受けた矢地。プロ生活は6年間だった(写真:TBSテレビ)

矢地はプロ野球で6年間、投手としてプレーした。最初の戦力外通告は2014年の秋だった。5年間で17試合に登板した中日から言い渡された。合同トライアウトでロッテから声がかかり、翌2015年は1軍マウンドに10試合立ったが、その年の秋、またも戦力外通告を受けた。これを最後に華やかな舞台から去ることになる。

プロ野球選手としてのキャリアには終止符を打たれたが、野球人としては続きがあった。ロッテを解雇された直後の合同トライアウトがきっかけで、社会人野球の新日鐵住金東海REX(現・日本製鉄東海REX)に2016年から採用されたのだ。

しかし、アマチュアでのプレーは2年で幕を閉じた。主要試合でマウンドを任されず、2017年秋に現役引退を勧告された。これこそが冒頭の“3度目の戦力外通告”だ。矢地は当時29歳。チームの投手陣では最年長だったし、社会人選手はこれぐらいの年齢で引退することが多いから、ごく一般的なケースではある。ただ、矢地にとっては悔いが残った。

「チームの戦力になれず、本当に申し訳ない思いでした。自分が野球をできなくなることよりも、その気持ちしか出てこなかったです。自分は拾ってもらった身。採用してくださった監督の顔に泥を塗ることになってしまい、つらかったです」

次ページ31点リードのマウンドで空回り
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT