戦前は寛容だった?「浮気とお金」の奥深い歴史

妾を持つことがある種のステータスだった

一夜限りの浮気とは異なり、妾や愛人は継続的に囲い続けなければなりません。先立つものはカネ。住む家を借りてやり、生活費もすべて渡すのです。本当の家族を養うのと変わらない費用がかかります。

お金持ちでないとできないからこそ、妾を持つことがある種のステータスとみなされて、「男の甲斐性」なんて言葉で正当化されてきたわけです。

戦前の社長が妾を何人も持てたのは、やっぱりそれ相応の所得があったから。戦前はいまとは比べものにならないくらいの格差社会でした。大手銀行や一流企業の社長ともなると、庶民とはケタ外れの格差がありました。

昭和初期、平均的庶民サラリーマンの月給は100円が相場だったと、岩瀬彰さんが『「月給100円サラリーマン」の時代』で述べています。いまの貨幣価値に換算するのに2000倍説を採用すると、月給20万円といったところですか。これでは妾を持つなど夢のまた夢です。

戦前の一流企業の社長は年俸2億円!?

では戦前の一流企業に勤めるエリートの待遇はどうだったのか。1954(昭和29)年7月15日号の『実業之日本』で某会社社長がかなり具体的な数字をあげています。重役でない社員の最高月給は500円くらいだったとのこと。戦前の一流企業は年に1万円もの破格のボーナスを支給することがありました。てことは年俸となると1万6000円に跳ね上がります。

これが重役に出世すると年俸4万から6万円、さらに社長ともなれば、年俸10万から15万円だったというから、今なら年俸2億円以上です。しかも戦前は税金が安かったので手元に7割は残ったらしい。これだけウハウハだったら、妾の2人や3人囲えちゃいますね。

戦後になっても社長たちの浮気心は変わりません。しかし社長をめぐる状況は一変してしまいました。戦後の日本では、三等社長といわれるサラリーマン社長が主流になり、社長の待遇が戦前とは激変します。

貨幣価値がかなり変わったので単純比較は難しいけれど、さきほどの記事の社長は、実感として一流企業の社長の給料は戦前の4分の1以下になったといってます。しかも戦後は極端な累進課税によって、高所得者は稼ぎの6割以上を税金で持って行かれるようになりました。

次ページバーのマダムが月3万円でパトロン募集
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT