HIS、初の赤字で漂う「旅行の店頭販売」の限界

新型コロナの拡大前から課題だった市場の変化

コロナ以前から店舗の削減など構造改革を進めてきたが、よりスピード感を求められることとなった(編集部撮影)

「今現在、非常に厳しい状況が続いている」「いろいろな意味で収益体質の強化をしていきたい」――。旅行会社大手、エイチ・アイ・エス(HIS)の澤田秀雄会長兼社長は12月11日の決算説明会で、コロナ影響の甚大さをにじませた。

HISの2020年10月期決算は売上高が4302億円(前年同期比46%減)、営業利益は311億円の赤字(前年同期は175億円の黒字)となった。当期純利益も250億円の赤字。最終赤字転落は2002年の上場以来、初めてのことだ。

主力の旅行事業は売上高が3596億円(前年同期は7224億円)とほぼ半減。営業利益も211億円の赤字(同137億円の黒字)となった。海外旅行の取扱高は2~4月に前年同月比38.6%に激減。5~7月は同1.3%、8~10月に至っては0.8%だ。各国で入国制限や渡航制限の措置がとられ、企業として需要喚起に向けた取り組みすらできない状況だった。

ハウステンボスも「変なホテル」も赤字

海外旅行の激減を受けて国内旅行事業を育成してきたが、売上高は230億円と小規模にとどまった。ハウステンボスなどのテーマーパーク事業も休園や入場者数の減少で33.9億円の赤字となり、「変なホテル」などを運営するホテル事業も同様に35.6億円の赤字。バスや不動産事業の九州産交グループも21.3億円の赤字だった。

電力小売り「HISでんき」を展開するエネルギー事業は契約数の増加で売上高を伸ばしたが、発電所の開業コストを計上し、営業利益は1.6億円(前年同期は9.7億円)と減益に終わった。

続く2021年10月期も厳しい状況となる見通しだ。業績予想は2020年11月~2021年1月期のみ公表。売上高は360億円(前年同期比82%減)、営業益は100億円の赤字(前年同期は37.9億円の黒字)としている。

次ページ海外旅行で最も回復が早いエリアは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT