「コロナ禍での旅行」気をつけるべき7つの点

専門家委員会のメンバーによる警鐘と提言

コロナ禍での旅行や帰省の際に、気をつけるべきポイントを解説します(写真:shimi/PIXTA)

今年の3~5月にかけての新型コロナウイルスの流行においては、緊急事態宣言という大きなカードを切ることにはなりましたが、多くの企業や個人の努力により、国内での感染者数をいったんは抑え込むことに成功しました。しかし、今は再び感染者が増えている状況にあります。

『企業のための新型コロナウイルス対策マニュアル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

最近さかんに報道されているように、接待を伴う飲食、懇親会、パーティーなど、いわゆる3密+α(飲酒や食事、声を出す場所)が、(見える範囲での)感染の中心となっています。

また、東京での大きなイベントの開催におけるクラスターの発生は、地方にも波及しており、体制が脆弱な場所ではさまざまな影響を受けているのではないかと大変危惧しています。すなわち、家庭内、医療機関、高齢者施設において感染が徐々に広がりつつあるのではないかということです。

私は、この感染症との付き合いは長期にわたると考えています。『企業のための新型コロナウイルス対策マニュアル』でご紹介した対策をベースに、今、我々が心がけるべきことを提言いたします。今回は、旅行や帰省の際に気をつけるべきポイントを解説します。

旅行で考えておきたい7つのポイント

これから夏の帰省や旅行シーズンを迎えるにあたっての移動についてですが、その地域での感染がなければ、そこの範囲で移動をするのはいいと思います。ただし、感染拡大した場合は、すぐに移動をやめられるようにはしておきたいものです。

一方で、どういう状況でもある程度の人の移動はできるようにしておかなければならないと思います。どうしても必要な訪問もあるでしょう。例えば、親の介護は行けるときに行かなければならないでしょう。終末期の人の最後の旅行など、どうしても行くべきものもあるはずです。

今後、日が経てば経つほど状況がよくなるという見込みは一切ありません。むしろ冬に向かうにつれて状況が悪化する可能性もあります。新型コロナウイルス感染が落ち着くにはかなりの時間がかかるでしょうから、行けるときに行っておくという考えも必要です。

以下、長距離の移動をする際に気をつけるべきポイントを7つにまとめてみました。

次ページ時期を分散する
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。