「コロナ禍での旅行」気をつけるべき7つの点

専門家委員会のメンバーによる警鐘と提言

イベントではないですが、屋内での法事やお葬式などでもクラスターが発生しています。中止はしなくてもいいですが、こうした場でも感染対策は必要です。

ポイント7 : 地元再発見、近距離の旅行から

「地元再発見」ではないですが、近距離で、何かあったらすぐ帰れるくらいの短い旅行はいいと思います。行った先で具合が悪くなった場合、近くならすぐ帰れますし。

「自分を守り、周りを守る」お互いに思いやりを

しっかりと体調を確認しながら旅行に行ったとしても、感染リスクはゼロにはなりません。そういうときに感染してしまった人を責めることのないようにしてほしいと思います。

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

新しい生活様式は、自分を守り、周りを守る、思いやりに満ちたものです。たまたま感染した人が近くにいても、しっかり自分を守れるようにすればいいのです。

新型コロナウイルスと共存する時代、お互いに思いやりを持って行動することが求められるのだと思います。

最後に、ウイルスをしっかり除去する、衛生的手洗い手順を用意したので、ご活用いただければと思います。

コロナ対策の専門家が推奨する、ウイルスをしっかり除去する、衛生的手洗い手順。出版社サイトよりファイルをダウンロード可能です

なお、この原稿は2020年7月16日にまとめました。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。