立命館の文化人類学者「研究は何でもOK」の驚異

アフリカでは古着商にもなる大胆な調査を実践

――今はどんな研究をされているのですか?

ケニアの「ビットペサ」(BitPesa)という仮想通貨について研究したいと思い、人類学の貨幣論などを勉強しています。

ブロックチェーンは、仮想通貨や暗号通貨を使った国際的な取引決済に使えますよね? でもそれだけでなく、地域の中で流通し、地域経済を創出するコミュニティー通貨のような使い方もできる。

ケニアのスラムでコミュニティー通貨がつくられたというニュースもあり、面白そうだな、と。だけど、現地に行って、ちっとも面白くなかったら、違うテーマになると思います。そうなったら、仮想通貨のことは忘れているかもしれません(笑)。

文化人類学は「何でもあり」

――「もはや、人類未踏の地はない」と言われます。そうした中で、文化人類学者たちはどんなフィールドを対象としていくのでしょうか?

昔ながらの文化人類学は、狩猟採集民や牧畜民を対象にしてきました。そうした人々もスマホを使う時代です。文化人類学は何でもあり。研究テーマは尽きません。

ロボットや科学技術を対象とした人類学も盛んになっています。ロボット開発者のラボや購入者のところにフィールドワークに行く。そういう分野でも人類学の理論は活用されています。

――応用の幅は広がっていると?

最新の人類学の議論も、かつての議論の積み重ねの上にあります。だから私は、古典的な人類学の重要性が増していると考えています。

例えば、ブロックチェーンは法定通貨(円、ドルなど)との関係がよく語られますが、人類社会において、複数の貨幣が同時に使われることはいくらでもある。人類学者の深田淳太郎氏が研究しているパプアニューギニアのトーライ人の社会では、貝殻貨幣を使っています。貝殻で税金を払えるし、法定通貨との互換性もある。

ミクロネシアのヤップ島で使われる石の貨幣は巨大で、パンと交換するようなモノではありません。公の場で誰から誰にモノが委譲されたかを宣言する、ある種の記憶媒体、記録媒体の役割を持ちます。貨幣の循環が成し遂げる目的は全然違いますが、システムとしては(取引情報を書き換えできない形で記録する)ブロックチェーンと似ています。

シェアリングエコノミーは「分配経済」。狩猟採集民の社会では、今でも分配は社会の重要な基盤です。そういう意味では、これからどんな経済社会がやってくるかを考えるときには、人類学の古典的なテーマが重要な示唆を与えてくれるのではないでしょうか。

取材:末澤寧史=フロントラインプレス(Frontline Press)所属

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT