医学の素人が12万人救う器具をつくれた理由

「余命10年」娘の病気に挑み続けた夫婦の戦い

娘を救うためには残された10年を使って人工心臓を作るしかなかった(写真は再現映像、フジテレビ提供)
過去30年間で約12万人もの命を救った医療器具。「バルーンカテーテル」と呼ばれるこの器具を日本で初めて開発したのは、医学分野ではまったくの素人だった1組の夫婦だ。
2月1日(木)よる19時57分から放送される「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)に登場する彼らが、前人未到の取り組みに挑んだ背景には、「娘の命を救いたい」という切なる願いがあった。その知られざる秘話をお届けする。

今から40年前(1978年)。現在は東海メディカルプロダクツ会長を務める筒井宣政(のぶまさ)さんは、当時、愛知県でプラスチック樹脂の加工製品を作る、小さな町工場を営んでいた。

現在は東海メディカルプロダクツ会長の筒井宣政さん(写真:フジテレビ提供)

3人の娘たちに囲まれた幸せな家族。だが、筒井さんと妻・陽子さんには唯一、不安の種があった。次女の佳美さんには、生まれつき心臓に疾患があったのだ。

病名は三尖弁閉鎖症(さんせんべんへいさしょう)。心臓が正常に血液を流せず、やがては他の臓器にも異常を来し、さまざまな合併症を引き起こす難病だった。治療法はなく、医師から告げられたのは、余命10年という診断だった。

筒井夫婦は、娘の手術代として貯めていた2000万円を寄付しよう思い立つ。「心臓病の研究が進めば、いずれは病気を治せる日が来るかもしれない」という願いからだった。

医師からの意外な提案

そこで佳美さんの主治医である大学病院の医師に相談した。すると、その医師から意外な提案をされる。

「人工心臓の研究をしてみては?」

もちろん2人は医学に関してはまったくの素人。しかし、それでも娘に残された余命10年という時間の中で自分たちが研究を続ければ、もしかしたら娘を救える人工心臓を作れるかもしれない。こうして夫婦は一縷(いちる)の望みにかけて、人工心臓を作るという壮大な挑戦に打って出た。

次ページ試作品は失敗続き
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。