勝利だけにあらず。これがドイツの秘密

第6回 半世紀前から広がったスポーツの幅

スポーツ広い価値をほりおこせ

ひるがえって日本を見ると、学校スポーツだけではなく、一般でも「スポーツ=勝利」の考えかたが強い。その結果、ゲートボールで高齢者が喧嘩をしたり、皇居のジョギングでさえタイムの追求をするランナーがいて、問題となっているとも聞く。リトルリーグのしごきで死者が出るといった痛ましい事件もおこる。

 それでも「楽しみ」「健康」を目的にした幅の広いスポーツの必要性はでてきている。昨今の体罰マネジメントに対する告発や批判も、見方を変えれば社会の変化が起こしたアレルギー反応ともいえまいか。

 また中学校や高校の部活も、勝利至上主義のガチガチの体育会系ばかりではない。「ゆるい体育会系の部活」にいる生徒の中には、なんとなく「引け目」を感じている人もいるようだが、それでも友人とスポーツをする楽しさや、楽しみとして試合に出る体験しているはずだ。成人になってからもそういうスポーツが継続できる社会環境が整備されると、生活の一部としてスポーツを楽しむ層がもっと増えるだろう。

 今の日本、時代の要請を見ながら、スポーツがもつ幅広い価値にもっと着目し、具体的な実現を考えるべきだろう。それによって、「試合で勝ってナンボ」といった狭量なスポーツ像は小さくなり、「スポーツにはいじめ・体罰が伴う」というのとは逆のイメージができてくる可能性がある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。