勝利だけにあらず。これがドイツの秘密

第6回 半世紀前から広がったスポーツの幅

脱・狭量なスポーツ像

さらに過度な試合重視に陥らない理由は、半世紀かけてスポーツ像を変えてきたことにもあると思う。

 そもそもスポーツは社会と連動しており、時代によってスポーツに対する人々の期待や社会的役割が異なる。19世紀から20世紀前半のドイツでは民族精神昂揚や軍隊に準じた訓練の機会とされたこともあった。そして戦後は競技や成績・記録が重視された。

 しかし、戦後の工業化の急な発展で国民の健康問題などが顕在化。それらを背景に、西ドイツ(当時)では1959年にスポーツ環境を整える「ゴールデン・プラン」なるものがたてられ、子供の遊び場から体育館、プールなどの施設が整備されていった。

 同時に「第二の道」という取り組みが行われた。成績重視のアスリートが行うスポーツを「第一の道」とするならば、障害者も含む子供から成人、高齢者まであらゆる人々が行えるものが第二番目のスポーツというわけだ。「ハード」と「ソフト」の両輪でスポーツの状況を変えていったかたちだ。

1970年代のスポーツ振興「トリム・アクション」のキャラクター「トリミー」

特にソフトに関しては「第二の道」を発端に、スポーツが一部の人だけのためではない「ブライテンスポーツ(幅広いスポーツの意)」の考え方が形成された。いいかえれば「幅広い」ということは、自分にあった形でやればよい、ということであり、「スポーツ=勝利・記録の追求」というある種の狭量さから脱したといえるだろう。

 ブライテンスポーツはその後、様々な振興が行われているが、とりわけ1970年代の「トリム・アクション」と名付けられたキャンペーンでは「トリミー」というキャラクターまで作られた。近年は高齢化社会を背景にしたブライテンスポーツ振興が展開されているが、いかにも時代の変化と連動しているのがうかがえる。

次ページスポーツ広い価値をほりおこせ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。