進化か変異か?変わる「ニッポンの夫婦」の今

共働き、主婦、主夫家庭、それぞれの均衡点

離婚は必ずしも妻からの申し立てに限らない、ということです。「共感できないと代理人は引き受けない」という弁護士の上野さんの、クライアントの3割は男性ということです。つまり夫から妻への離婚申し立ての中に、自身が2児の母である上野さんが共感できる事例が少なからずある、ということになります。

典型例として挙げられたのは、「妻から夫への過剰な要求」でした。たとえば家庭にもっと時間を割くため転職までした夫の育児を、妻が延々、批判する。オムツの換え方、洗濯の仕方。夫を責める妻のほうは就業していない……。

「『私は子どもの世話で大変』という妻側の言い分も、私自身の経験としてよくわかるし、夫側がそれをわかってくれないのは問題だけれども、外で働くことだって楽ではない」(上野さん)。妻が就業していないと、働くことの大変さへの理解が及ばないことが多いそうです。

「背景に『イクメン幻想』があるのでは」と上野さんは推測します。家事や育児を積極的にやるいい夫像が広まるにつれ、目の前にいる自分の夫への不満が募ってしまうとしたら、それはとても不幸なことですし、私自身は夫への「過剰な要求」を思い返し、大いに反省しました。

上野さんは続けます。「夫婦だけのときと出産後では、家庭内の人間関係が変わります。産後クライシスで問われるのは、新しい構成員が加わった後で、人間関係の再構築ができるかどうか、ということではないでしょうか」。

次回以降は、夫婦の実例をご紹介していきます。「産後クライシス離婚一歩手前」の危機的な状況から「もやもやの解消」まで。そして、夫が何もしていない事例から妻の要求過剰まで。一言で「夫婦のすれ違い」と言っても、実態は多様です。「これなら私も/僕もできるかも」と改善の一歩を踏み出せるような内容にしたいと思います。青い鳥は海の向こうにいるのではなく、あなたと、あなたが愛する人が一緒に作ることができるものではないか、というのが、本連載のポリシーです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT