子供の教育より、自分の勉強を優先せよ

30代「当たり前の幸せ」のリアル【教育とおカネ】編

「親より豊かになれない時代」は、すでに到来している。そんな時代を、30代のサラリーマンはどのように生きていけばいいのか。著書『いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します。』を上梓した気鋭のファイナンシャルプランナーが、こんな時代のサバイバル術を解説する。
親より豊かになれない、こんな時代のサバイバル術を全部詰め込んだ新刊、好評発売中です。

いきなりですが、たいへん失礼な質問から始めさせていただきます。読者のみなさんは、今、いくら貯金がありますか? 「ほとんどない」という方から、「数千万円ある!」という方まで、さまざまな方がいらっしゃると思います。

では、人生において最もおカネを貯めやすい時期って、いつだと思いますか? 給料が最高になる40~50代? いえいえ、実は、結婚してから子供が生まれるまでが、最もおカネを貯めやすい時期なのです。なぜなら、子供が生まれると新たに「教育費」がかかり、これが思いのほか、高額だからです。

今回は、「教育とおカネの当たり前」について、解説して行きましょう。

教育投資は自分を優先するべき

ファイナンシャルプランナーとして若いご夫婦のおカネの相談にのっていると、お子さんの「習い事」におカネをかけすぎているケースに出合うことがあります。生活がカツカツなのにピアノやスイミングを習わせて、結果として貯金がほとんどできていない、というケースです。

僕は、こういったご家庭を見るにつけ、「教育費をかける順番が間違っている」と感じてしまいます。特に若いご夫婦では、教育費を優先してかけるべきなのは、自分たちです。

次ページ教育投資は自分を優先すべき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT