子供の教育より、自分の勉強を優先せよ

30代「当たり前の幸せ」のリアル【教育とおカネ】編

「親より豊かになれない時代」は、すでに到来している。そんな時代を、30代のサラリーマンはどのように生きていけばいいのか。著書『いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します。』を上梓した気鋭のファイナンシャルプランナーが、こんな時代のサバイバル術を解説する。
親より豊かになれない、こんな時代のサバイバル術を全部詰め込んだ新刊、好評発売中です。

いきなりですが、たいへん失礼な質問から始めさせていただきます。読者のみなさんは、今、いくら貯金がありますか? 「ほとんどない」という方から、「数千万円ある!」という方まで、さまざまな方がいらっしゃると思います。

では、人生において最もおカネを貯めやすい時期って、いつだと思いますか? 給料が最高になる40~50代? いえいえ、実は、結婚してから子供が生まれるまでが、最もおカネを貯めやすい時期なのです。なぜなら、子供が生まれると新たに「教育費」がかかり、これが思いのほか、高額だからです。

今回は、「教育とおカネの当たり前」について、解説して行きましょう。

教育投資は自分を優先するべき

ファイナンシャルプランナーとして若いご夫婦のおカネの相談にのっていると、お子さんの「習い事」におカネをかけすぎているケースに出合うことがあります。生活がカツカツなのにピアノやスイミングを習わせて、結果として貯金がほとんどできていない、というケースです。

僕は、こういったご家庭を見るにつけ、「教育費をかける順番が間違っている」と感じてしまいます。特に若いご夫婦では、教育費を優先してかけるべきなのは、自分たちです。

次ページ教育投資は自分を優先すべき
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?