2人目を産んだら、キャリアは終わりですか

1人目は見逃されても、2人目は許されない?

 結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 昨年、東洋経済オンラインに登場、大反響を呼んだ元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

今回は、30代後半の女性より、2人目出産とキャリアについてのご相談をいただきました。

〈ご相談〉
 子ども(2人目)についてお聞きしたいです。
 アラフォー初婚同士、おかげさまで36歳(主人40歳)で第1子に恵まれました。突然の妊娠に周囲に迷惑もかけたのですが、在宅からの必死のフォローででどうにか乗り越え、無事に4月から保育園(認可は落ちたので認可外)に預けて復帰となりました。
 ここで、無言の、でも明らかな岐路に立たされています。2人目は考えているのか、だとすれば、しばらくはデスクワーク中心でお願いしたい。1人で終わりでこのまま突っ走るなら、またメインの面白い仕事に戻そうということです。
 仕事と子どもをてんびんにかけるのは、間違っているのはわかっているのですが、わたしも、子育てをよく手伝ってくれて大変さを分かち合った主人(だからこそ2人目を躊躇している)も、もう少し仕事で成功したい(自分にかけたい)という思いが強く、2人目にあこがれる一方で、2人目の妊娠出産がどの程度キャリアに影響してくるのか、未知数すぎて困っています。
 周囲には、1人も2人も変わらないという友達、2人いたほうが楽という友達、でもよく見れば奥様は専業主婦だったりします。
 堂薗さんの、2人目の決断とキャリアについて、ご経験を分かち合っていただければ幸いです。

そんなこと言うなら、誰も子どもは産めない…

えええ? そんな究極の選択、「無言の、でも明らか」に迫ってくるのですか?それを気づかぬふりをして過ごすのも、復職したてのあなたにとってはしんどいことでしょう。

「2人目を考えるのであれは、面白い仕事は与えない」なんてこと、もし本当にあるのであれば、許せない気持ちになりますね。確かに長期プロジェクトの責任者とか、息の長い新規事業の立ち上げとか、2~3年集中してもらいたい仕事、というのはあります。そうだとしても、妊娠の可能性によって、その仕事が任せられないのだとしたら、極端な話、いつ妊娠するかわからない、世の中の若い女性は、誰でも無理ってことじゃないですか……。

妊娠、出産は奇跡にも近い運命の出来事。計画したところでそのとおりにいくかどうかなんて未知数です。30代後半になった途端に、妊娠の難易度もぐっと上がるわけで、欲しいと思っても、妊娠できるかどうかだってわかりません。

次ページ第2子の決断、私の場合
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT