BCGの母が“ひねり出す”新しい「昇進」

全員が役員を目指す職場で、どう生きていく?

世界一といっていいほどのハードワークで知られる外資系戦略コンサルで、昇進を続ける母の働き方とは?

つねに上へ、上へ――。絶えず成長が求められる外資系戦略コンサルティング会社は、サバイブするのが厳しい実力社会だといわれる

ボストン コンサルティング グループ(BCG)の塚原月子さんは、そんなハードな環境の中で、3人の子どもを産み育てながら、プリンシパル(役員の下のマネージャークラス)にまで上った人だ。

しかも、2007年に第1子を出産した以降は、基本、10時から4時までの「時短勤務」を続け、両親の援助に極力頼らずに、子育てを実践する。

それができた背景には、塚原さんとBCGが手探りで“開発”した「柔軟な働き方」があった。

運輸省の官僚から、転身

塚原さんは、運輸省(現・国土交通省)のキャリア官僚出身だ。1995年の入省以来、国際業務の担当として、日本の海運業界や港湾行政の業界慣行を改善しつつ、アメリカと協議するなど、重要な任務の一翼を担ってきた。

「同期の官僚で女性は、私ともうひとりだけ。でも、女性だからといって特別扱いされることもなく、私自身、世の中全体に影響を与える仕事にやりがいを感じていました。海外との交渉の仕事は時差に振り回されるため、会議室で仮眠を取ながら朝7時まで働き、一度家に帰ってシャワーだけ浴びて9時に出勤するなんて、しょっちゅうでしたが、苦になりませんでした」

転機となったのは、27歳のとき、人事院の試験にパスし、ダートマス大学(米国)にMBA留学したことだ。

「国からの派遣で留学させてもらったので、当然、役所に戻るつもりでした。BCGのことは、留学先でたまたま知りました」

次ページ33歳、NY赴任中に2つの転機
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT