BCGの母が“ひねり出す”新しい「昇進」

全員が役員を目指す職場で、どう生きていく?

日本同様、アメリカでも女性従業員は、責務が重いマネジャーになった時点で両立が困難になり、キャリアの継続をあきらめる人が多い。このような事態を防ぐため、先進的な企業では、「昼リーダー」「夜リーダー」といった具合に、リーダー同士が業務と情報をシェアして、ひとつの役割を全うする動きが盛んになっているのだそうだ。

もちろん、「時短リーダー」は働く時間が減るだけ給料も減るが、スキルとキャリアを保てる利点がある。

こうした会社の協力もあり、塚原さんは第1子の育児を優先しながら、プロジェクト・リーダーの仕事も続けることができた。

しかし、初めての育児とハイプレッシャーな仕事の両立はそう簡単ではなく、塚原さん自身、ふらふらになるほど消耗したと言う。

「両親は高齢で体調を崩しがちなため、子どもの面倒を見てもらうことはあまりできません。だから、子どもは保育園に預け、時には延長保育を利用することもありました。子どもが風邪をひき、病院に連れて行き、やっと治ったと思ったら、今度は私にうつるの繰り返し。

それでも、仕事は休まず頑張っていて、何回かドーンと40度近い熱が出たこともありました。『大丈夫です、プレゼンには行きます』なんて意地を張って、お医者さんから『点滴を打って寝ていなさい』とドクターストップがかかったことも。そのときは、『バックアップリーダー』に代わりにプレゼンをしてもらいましたが、会社や周囲の方には随分迷惑をかけてしまいましたね」

普通はこの時点で、両立は無理とくじけそうになるところだが、塚原さんはそうはならなかった。

「やはりコンサルティングの仕事はやりがいがあり、『辞めよう』とは思いませんでした。目の前の育児と仕事をやるのに必死で、思考する暇がなかったからかもしれませんが」

幸い、ご主人は、お子さんの保育園に送り迎えや洗濯、そしてお子さんのお弁当作りまでやってくれるなど、育児に協力的。だが、多忙な2人は、掃除までは行き届かず、塚原さん自身、「基本ほったらかし」と言い切るほど。

「でも、私が家事をサボっても夫は何も文句を言わないのが救いですね。文句なんて言えない雰囲気が漂っているのかもしれませんけど(笑)」

次ページそれでも「昇進」するために
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT