フォルクスワーゲンの「EV大転換」が危うい理由

ユーザー不在のクルマ作りが招く最悪の事態

フォルクスワーゲン車に初めて違和感を覚えたのは、昨年行われたゴルフ8(8代目ゴルフ)の海外試乗会だった。

例えば、今までのゴルフなら、起毛の内張りが施されていたグローブボックスがプラスチックむき出しとなっていたり、フロアコンソールのドリンクホルダーの蓋がなくなっていたり、内装で気になる部分が目についた。

ゴルフ8のインテリア(写真:フォルクスワーゲン)

また、ボンネットを開けたときの支えもダンパー式からただの細い棒に変更されているなど、細部へのこだわりの明らかなる低下が感じられたのだ。

そこでフォルクスワーゲンのコストダウンの始まりを薄っすらと感じたのだが、それでもゴルフ8はまだ許容範囲といったレベルでの低下に収められていた。しかし、その後に試乗した「T-ROC」は、さらなるコストダウンが図られていた。

T-ROCのインテリア(写真:フォルクスワーゲン)

それまでソフト素材が使用されていたインパネなどに、叩くとコンコンと音が鳴るようなハードプラスチックが使われており、コストダウンの方針が目に見えるレベルで感じられたのだ。

この急激な製品理念の方向転換は、「何かあった」と思わざるをえないレベルである。

ことの発端は2015年の「あの事件」

「フォルクスワーゲンらしさ」を決めるトップの人たちの間で、クルマづくりの価値観が大きく変わっている。そうでなければ、ここまで急激に変わることはありえない。

もちろん、コストダウンは企業としては不可欠で、どこのメーカーもやってはいる。しかし、ユーザーが一見してわかるようなコストダウンは、頭も技術も使わないコストダウンである。本来なら、コストダウンした事実をいかにユーザーに気づかせないかが重要なはずなのに……。

今までのクオリティーを維持するどころか、その水準をさらに上げつつ、技術などの努力でコストを下げていくことが、本当のコストダウンのあり方ではないだろうか。

フォルクスワーゲンのコストダウンをめぐる急な方向転換の大きな要因として、ディーゼルゲート事件が考えられる。フォルクスワーゲンが、ディーゼルエンジンの排ガス測定不正により、本来販売してはいけないクルマを販売していた、2015年の大スキャンダルだ。

次ページEVシフトと経営陣の一新
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT