VW「T-Cross」はC-HRやヴェゼルに勝てるか

新顔コンパクトSUVに試乗して感じたこと

「T-Cross」は2019年11月27日に国内発売が開始された(写真:フォルクスワーゲン)

フォルクスワーゲン(以下:VW)から、まったく新しい車種が発売となった。「T-Cross (ティークロス)」である。

昨今、SUVの人気が高まり、まだ成長を続けている。そのなかで、とくに売れ行きを伸ばしているのが、5ナンバー車に近い車体寸法のコンパクトSUVだ。最近の例では、スウェーデンのボルボが発売した「XC40」は、納車待ちの状況がいまも続く。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

T-Crossは、現在のVWのラインナップで最も小さなSUVである。駆動方式はFF(前輪駆動)のみで、4輪駆動の設定は欧州にもない。車体寸法は、車幅が1.7mを超えるので3ナンバー車となるが、全長は4.1m強で現行「ポロ」より若干長い程度だ。全体的にポロとほぼ同等の大きさである。

エンジンは、排気量999ccの直列3気筒ガソリンターボで、これに7速DSGという乾式ツインクラッチを使った自動変速機が組み合わされる。

すでに2019年の初めに欧州では発売されており、日本へは同年11月からの発売となった。欧州市場の主力は、南欧地域であるようだ。

導入記念の特別仕様「1st Plus」に試乗

日本では、導入を記念した特別仕様の「1st」「1st Plus」 という装備を充実したモデルから販売が始まるが、限定車ではなく、半年ほどは売られるようだ。その上級車種である1st Plusに試乗することができた。

「1st Plus」はドアミラーやホイールなどのカラーコーディネートが特長(写真:フォルクスワーゲン)

1st Plusの目玉は、「デザインパッケージ」が採用されることにある。これは、ドアミラー/アルミホイール/ダッシュボードのカラーをコーディネートし、セットにしたもので、3種のなかから選ぶことができる。

これによって外観はもちろん、クルマに乗り込んでもハッとさせられる鮮やかな彩に心を躍らされ、T-Crossでどこかへ出かけたい気分にさせられる。

次ページ走りはよくとも乗り心地は…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT