VW「T-Cross」はC-HRやヴェゼルに勝てるか

新顔コンパクトSUVに試乗して感じたこと

「T-Cross」は2019年11月27日に国内発売が開始された(写真:フォルクスワーゲン)

フォルクスワーゲン(以下:VW)から、まったく新しい車種が発売となった。「T-Cross (ティークロス)」である。

昨今、SUVの人気が高まり、まだ成長を続けている。そのなかで、とくに売れ行きを伸ばしているのが、5ナンバー車に近い車体寸法のコンパクトSUVだ。最近の例では、スウェーデンのボルボが発売した「XC40」は、納車待ちの状況がいまも続く。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

T-Crossは、現在のVWのラインナップで最も小さなSUVである。駆動方式はFF(前輪駆動)のみで、4輪駆動の設定は欧州にもない。車体寸法は、車幅が1.7mを超えるので3ナンバー車となるが、全長は4.1m強で現行「ポロ」より若干長い程度だ。全体的にポロとほぼ同等の大きさである。

エンジンは、排気量999ccの直列3気筒ガソリンターボで、これに7速DSGという乾式ツインクラッチを使った自動変速機が組み合わされる。

すでに2019年の初めに欧州では発売されており、日本へは同年11月からの発売となった。欧州市場の主力は、南欧地域であるようだ。

導入記念の特別仕様「1st Plus」に試乗

日本では、導入を記念した特別仕様の「1st」「1st Plus」 という装備を充実したモデルから販売が始まるが、限定車ではなく、半年ほどは売られるようだ。その上級車種である1st Plusに試乗することができた。

「1st Plus」はドアミラーやホイールなどのカラーコーディネートが特長(写真:フォルクスワーゲン)

1st Plusの目玉は、「デザインパッケージ」が採用されることにある。これは、ドアミラー/アルミホイール/ダッシュボードのカラーをコーディネートし、セットにしたもので、3種のなかから選ぶことができる。

これによって外観はもちろん、クルマに乗り込んでもハッとさせられる鮮やかな彩に心を躍らされ、T-Crossでどこかへ出かけたい気分にさせられる。

次ページ走りはよくとも乗り心地は…
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。