VW「T-Cross」はC-HRやヴェゼルに勝てるか

新顔コンパクトSUVに試乗して感じたこと

T-Crossは今後、どう販売を伸ばしていくだろうか。すでに、1stと1st Plusで約600台の受注を得ているという。納車は、2020年の1月以降に予定されており、実車を見ずに購入を決めた人がそれだけいることになる。その意味では、VWに対する日本人の信頼の高さをうかがわせる。

2015年にアメリカで排ガス問題が起きたあと、一時的に販売台数が減ったのは事実だが、創業時の「タイプ1(通称:ビートル)」や、その後継となる「ゴルフ」に対する信頼には厚いものがある。それがVWというブランドを確固たるものとしている。

また、そもそもコンパクトSUVへの注目自体が高まっているのは、冒頭のボルボ XC40の例でも明らかだ。XC40は、2018年の発売以来2年間で7800台強を販売している。

「C‐HR」や「ヴェゼル」もライバル

VGJ(フォルクスワーゲン グループ ジャパン)によれば、2009年から2018年までの間に、SUVの市場占有率は7%から21%に増えているという。街でよくSUVを見かける背景に、数字の裏付けもあるのだ。

そのうちコンパクトSUVに関しては、SUVのなかで36%(2018年)に達し、この比率はスモールSUVやミッドサイズSUVの比率を上回る。まさに、成長するSUV市場のなかで最も勢いのあるクラスにT-Crossは当てはまるのである。

2006年に発売された「クロスポロ」(写真:フォルクスワーゲン)

競合は、ジープ「レネゲード」、フィアット「500X」、プジョー「2008」など多彩であり、そこにXC40も加わるだろう。さらに国産車では、トヨタ「C‐HR」、ホンダ「ヴェゼル」などが挙げられている。いわば激戦区だ。

VWは、過去に「クロスポロ」という、「ポロ」をベースとしたSUV風の車種を2006年から販売し、国内で約8500台を販売している。本格的4輪駆動車やSUVではないが、活動的な雰囲気を味わいたい消費者が少なからずいることを明らかにした。

クロスポロはほかの自動車メーカーにも影響を及ぼし、スバル「XV」や、トヨタ「アクアCrossover」のような車種も誕生した。現行のポロにクロスポロはなく、T-CrossはXC40の好調さを見るまでもなく、コンパクトSUVとして注目の1台となるのではないか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT