「SUV」が世界の新車市場を席巻した本質理由

もしホンダがスーパーSUVに参入したら?

猫も杓子(しゃくし)もSUVを発売する自動車メーカーの心情とは?(撮影:風間仁一郎、大澤誠、梅谷秀司)
SUBARU「フォレスター」、ホンダ「CR-V」、三菱自動車「エクリプス クロス」、BMW「X2」、ボルボ「XC40」、ジャガー「E-PACE」、アルファロメオ「ステルヴィオ」――。今年、日本車・輸入車各社から発表された新型車だ。
共通するのはSUV(スポーツ用多目的車)だということ。自動車業界ではSUVの国内販売台数はこの5年で2倍の成長を遂げたと言われている。もちろん世界的にも成長しており、ランボルギーニ「ウルス」、ロールス・ロイス「カリナン」などといったスーパースポーツカーメーカーや超高級車メーカーもSUV市場に参入するほどの活況を呈している。
中でもトレンドの中心にあるのは、SUVが持つタフなイメージを踏襲しながら、アスファルトの上を快適に、かつスポーティにと、乗用車的な感覚で乗りこなせるクロスオーバーモデルといえる。なぜ、SUVはここまで人気を得たのか。東洋経済オンライン「自動車最前線」の書き手である森口将之、西村直人、藤島知子の3人が、SUVブームについて徹底的に語り合った(司会は武政秀明・東洋経済オンライン副編集長)。

ポルシェ初のSUV「カイエン」は間違いなく冒険だった

――自動車業界は今や猫も杓子​もSUVです。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

森口 将之(以下、森口):自動車メーカーが保守的になっている象徴だと思います。2002年にポルシェが発売した初のSUV「カイエン」は間違いなく冒険でした。ところが、今のポルシェは半分以上の販売台数をSUVが占めています。そんなことから今、新しい分野には進出したいが確実にビジネスとして成功させたいという思惑がある多くのメーカーがSUVに参入するのでしょう。

藤島 知子(以下、藤島):カイエンのヒットは当時、あのポルシェのブランド力とスポーツカーメーカーというイメージに乗っかりたい人が、あれほどいたことに驚かされましたよね。

森口:ポルシェの代表的なスポーツカーである「911」1台では生活シーンすべてをカバーするのは不可能な人が多いでしょう。カイエンのようなSUVは要するにファミリーカーとしてのポルシェです。(戦略として)ファーストカーを奪いにいくということだったのでしょう。セダンではフォーマルすぎるし、ミニバンでもないというなかで、SUVならばと思いついたのでは?

藤島:スポーツカーに乗りたくてもライフステージが変化して、家族ができたら乗り続けることは実際難しいですからね。

次ページ今のSUVは「最大公約数」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。