「SUV」が世界の新車市場を席巻した本質理由

もしホンダがスーパーSUVに参入したら?

シェアリングがメジャーになっていくなか、SUVのブームは続くのか(撮影:梅谷秀司)

西村:ホンダが北米で売っているアキュラには、強力なエンジンを積んで10速ATとレジェンド譲りのSH-AWDを組み合わせたSUV「RDX」があります。確か左ハンドルしか造っていなかったはずですが、国内に入れたら一定数受け入れられる可能性はありそうです。

藤島:SUVが各メーカーの個性を表すツールだと考えれば、ホンダにもスーパーSUVというラインナップはあってもいいですよね。

SUVの競争は今後も激化

――この先のSUVブームをどう展望していますか。

西村:大きく右肩下がりにはならないと思うけれども、飽和状態には確実に近づいている。まずエッジの立った高額なSUVだとか、極端に小さなSUVとか、最大公約数的な要素を持たないSUVが最初に淘汰されていくでしょう。一方で、走行性能を高めたアルファロメオのステルヴィオや、新たなデザインテイストを携えたBMWのX2など、総合性能が高く、それでいてある部分に特化したSUVの活路は出てくると思う。

森口:この先シェアリングがメジャーになっていくだろうけど、SUVはシェアリングになりにくいカテゴリーだと思います。もっと小さくて小回りが利くクルマのほうがシェアリングのメインになる。そういう部分では、今までどおり造って、売って、買うビジネススタイルが通用しやすい。でも大体もうほとんどのブランドから出ているし、これからは競争が激しくなってその中で落ちていくモデルも出てくる。

藤島:所有する喜びや自分らしさを演出するツールとして考えたときに、やはりSUVは魅力的。まだまだ新しさを表現するベースの可能性はいろいろあると思う。ただ、これは必要、これはいまいちというのは歴然とした差になる。もう少し整理されていく気はしますよね。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。