あのロールス・ロイス初のSUV、驚愕の全貌 その名は「カリナン」、18年内に日本でも発売

拡大
縮小
ついにベールを脱いだロールス・ロイス初のSUV「カリナン」(写真:ロールス・ロイス・モーター・カーズ提供)

ロールス・ロイスは5月10日正午(英国時間)、ブランド初となるSUV(スポーツ多目的車)の「カリナン」を公開した。公開に先駆けて4月下旬に中国・北京市内で一部メディア向けに実施されたプレビュー(事前公開)に参加した。

ブランド初のSUV、初の4WDに取り組む

ロールス・ロイスはその静粛性を象徴すべく、「ファントム」「ゴースト」「レイス」など「霊」の種類を車名に用いることが多いが、今回のカリナンは20世紀初頭に発見された世界最大のダイヤモンドの原石の名前に由来する。ブランド初のSUV、初の4WDに取り組むということで、ネーミングにも新しさを感じさせる。会場にはマグマレッド(赤)とダーケストタングステン(ガンメタ)に塗装された2台の実車が展示されていた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2017年に14年ぶりにモデルチェンジしたフラッグシップサルーンのファントムで初めて採用された「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」という車台がカリナンにも用いられる。乗用車に多いモノコック構造でもなければ大型SUVやピックアップトラックなどが採用するラダーフレーム構造でもなく、レーシングカーなどに多い構造であり、ボディ剛性と軽量化に貢献する。といっても、ロールス・ロイスの場合、あらんかぎりのぜいたく装備を盛り込むため、軽量化は帳消しとなり、カリナンの車両重量は2.6トンに達するのだが。

パンテオングリルと称される直立した巨大なフロントグリルと控えめなヘッドランプユニットからなるフロントマスクと全体的にエッジが強調されたボクシーなシルエットのおかげで、ひと目見ただけでロールス・ロイスと識別できる。

リアスタイルは特徴的だ。世の中のほとんどのSUVはリアウインドウとリアハッチバックに段差のない、いわゆる2ボックスだが、カリナンは独立したトランクがあるように見える3ボックススタイルを採用した。実際にはハッチバックなのだが、デザイン上、ノッチバックのように見える。ロールス・ロイスをはじめとする1930年代のグランドツアラーは旅行用トランクを車外にベルトで固定して積載していたが、そのイメージをカリナンにも盛り込んだとデザイナーは説明する。

次ページエアサスによって車高をコントロール
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT