あのロールス・ロイス初のSUV、驚愕の全貌

その名は「カリナン」、18年内に日本でも発売

エアサスによって車高をコントロールできる。まずドアを開けると乗り込みを容易とすべく車体が40mm下がり、ドアを閉めると元の高さに戻る。また悪路走破に備えて意図的に40mm上げることもできる。都合80mmの上下幅があるわけだが、通常はクルマ任せにしておけば走行状況に応じて最適な車高が選択される。

ファントムと同じ6.75リッターV12エンジンをフロントに搭載。最高出力571ps、最大トルク850Nmのパワーは、ZF製8速ATを介して4輪に伝えられる。機械的なデフロックシステムは備わらず、電子制御されたフルタイム4WDシステムを採用する。前後トルク配分は不明。

昨今の乗用車市場において、SUVはどの国や地域でもドル箱のカテゴリーと言われる。かつてはキャデラック、リンカーン、ランドローバーなど、SUVをラインアップするプレミアムブランドは限られていたが、現在はメルセデス・ベンツ、BMW、アウディのジャーマン3に加え、ベントレー、ランボルギーニ、マセラティ、アルファロメオ、ジャガーなど、ほぼ全プレミアムブランドがこぞって参入する。アストンマーティンにもコンセプト段階のSUVが存在し、今回のロールス・ロイスの参入によって、いよいよ主要なプレーヤーでSUVをもたないのはフェラーリのみとなった。

ロールス・ロイスがSUVに参入する理由

なぜどこもかしこもSUVに参入するのか? 答えは簡単、売れるからだ。けれども、ロールス・ロイスの生産キャパシティは年間約4000台に過ぎず、現在すでにほぼフル稼働している。SUVだろうがなんだろうが、新たなモデルを追加しても販売台数を一気に増やすことはできない。カリナンを生産すればほかのモデルの生産が後回しになるというだけだ。にもかかわらず、流行にのったと見られるリスクを背負ってまで、SUVに参入するのはなぜか? 

それは最高の地位を保つためにほかならない。ロールス・ロイスはわれわれがこれ以上ないほどすばらしい物事に触れた際、半分冗談っぽく「~界のロールス・ロイスだ」という言い方を重要視している。

“最高”の例えとしてロールス・ロイスが使われる状態を将来にわたって保っていくことこそがブランドを守ることだと信じているのだ。そのために流行中のSUVにも最高のプロダクトを投じておくべきだという判断だったに違いない。これまで「砂漠のロールス・ロイス」や「SUVのロールス・ロイス」の異名は同じ英国のレンジローバーが欲しいままにしてきたが、砂漠のロールス・ロイスを本家がつくってしまったというわけだ。

筆者が撮影した「カリナン」の映像

カリナンの日本導入は2018年内。価格は未定。

ロールス・ロイス カリナン主要諸元<欧州仕様>
全長5341mm/全幅2164mm/全高1835mm/ホイールベース3295mm/車両重量2660kg/エンジン=V型12気筒6.75Lツインターボ(最高出力571ps/5000rpm、最大トルク850Nm/1600rpm)/トランスミッション=8速AT/最高速250km/h(リミッターあり)/欧州複合燃費=15L/100km(6.67km/L)/ラゲッジ容量600L(4人乗り仕様は526L)/価格=未定
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT