ロールス・ロイスの真価問う14億円の高級車

顧客の要望に応じて1台を手作り

14億円もの値段がついたロールス・ロイス「スウェプテイル」

1台14億円のクルマとはどんなクルマなのか

14億円の工業製品。何の価格かといえば1台のクルマだ。希少性の高いクラシックカーに付いた値段ではない。新車の話である。

5月27日、イタリア北部コモ湖に面する豪華ホテル、ヴィラ・デステの庭園には世界中から選ばれた、熱狂的なクルマ好きの富裕層が集まった。1929年に始まった世界最古の歴史を持つ自動車のコンクールイベントである。世界各国から厳選されたクラシックカー51台が庭園の中に並び、その希少さや、ヒストリー、そしてクルマの状態などが審査され、各種の賞典が与えられる。

このイベントは1999年以来、BMWのクラシック部門である、BMWグループクラシックがスポンサーとなって開催されている。BMWはコンクールの運営に関しては黒子の立場を貫いているが、グループ内各社のプロモーションは当然として行われる。

市販化が近いとされる「コンセプト8」

今年はBMW8シリーズのニューモデルとして市販化が近いとされる「コンセプト8」 が当イベントで発表された。かつての新車発表の場といえばモーターショーであったが、いまや、特にラグジュアリーカーに関していえば、有望な顧客が目の前に居るイベントで発表されるケースが増えている。

次ページサプライズで登場したのは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT