ロールス・ロイスの真価問う14億円の高級車

顧客の要望に応じて1台を手作り

14億円もの値段がついたロールス・ロイス「スウェプテイル」

1台14億円のクルマとはどんなクルマなのか

14億円の工業製品。何の価格かといえば1台のクルマだ。希少性の高いクラシックカーに付いた値段ではない。新車の話である。

5月27日、イタリア北部コモ湖に面する豪華ホテル、ヴィラ・デステの庭園には世界中から選ばれた、熱狂的なクルマ好きの富裕層が集まった。1929年に始まった世界最古の歴史を持つ自動車のコンクールイベントである。世界各国から厳選されたクラシックカー51台が庭園の中に並び、その希少さや、ヒストリー、そしてクルマの状態などが審査され、各種の賞典が与えられる。

このイベントは1999年以来、BMWのクラシック部門である、BMWグループクラシックがスポンサーとなって開催されている。BMWはコンクールの運営に関しては黒子の立場を貫いているが、グループ内各社のプロモーションは当然として行われる。

市販化が近いとされる「コンセプト8」

今年はBMW8シリーズのニューモデルとして市販化が近いとされる「コンセプト8」 が当イベントで発表された。かつての新車発表の場といえばモーターショーであったが、いまや、特にラグジュアリーカーに関していえば、有望な顧客が目の前に居るイベントで発表されるケースが増えている。

次ページサプライズで登場したのは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。