ロールス・ロイスの真価問う14億円の高級車

顧客の要望に応じて1台を手作り

さらにサプライズがあった。ラグジュアリーカーの頂点とも言うべきロールス・ロイスのニューモデル「スウェプテイル」がこの場でデビューしたのだ。実はロールス・ロイスは今、BMWグループに属している。ちなみに混乱しそうだが、もう一方の超高級車の雄ともいえるベントレーはVWグループに属する。

顧客の注文に応じて限定の1台がつくられるワンオフカーだ

「このクルマは私たちの特別な顧客の為に作りました」。ロールス・ロイス・モーター・カーズCEOのトルステン・ミュラー・エトヴェシュが述べるように、このクルマは普通のロールス・ロイスではない。顧客の注文に応じて限定の1台がつくられるワンオフカーなのだ。「コーチビルド・モデル」とも呼ばれる。

発注したオーナーがヨットマニアであったことから、各所にヨットを思わせるモチーフが見られる2座のクーペであり、ロールス・ロイスのフラッグシップモデルの「ファントム・クーペ」をベースに手作りで完成させる。

多くのコーチビルド・モデルを作ってきた

「スウェプテイル」内部

かつて馬車の客室部=コーチは、顧客の注文に応じて作られた。ロールス・ロイスは、その伝統を受け継ぎ多くのコーチビルド・モデルを作ってきた。その伝統をこのスウェプテイルは受け継いでいる。プランの始まりから完成まで4年間を要したというこのモデルの価格が14億円と言われている。自動車の基準を超える驚くべき価格であり、まさに世界最高価格の乗用車であることは間違いない。

スウェプテイルのこれは、ロールス・ロイスがワンオフカービジネスに再参入を表明したことを意味する。かつては多くのワンオフ・モデルやカロッツェリアとのコラボレーション(イタリアのコーチビルド・メーカー)などから個性的なモデルを生み出したロールス・ロイスも近年は表向き、こういったワンオフ・モデルは製作せず、内外装を顧客の趣味でカスタマイズする「ビスポーク」スタイルの提案を行っていた。

かつての自動車はフレームとボディが独立した構造だったが、自動車の進化によってそれらが一体化したモノコックボディ構造(完全ではないにせよ)になったため、単純にボディだけを加工するのは難しくなった。1台のみクルマを公道で走らせる為の型式認証には、衝突安全性の担保や環境対応に莫大なコストが掛かる。そして何より少量生産を行うコストが増大し、そこそこ高価な金額で販売しても割に合わなくなってしまった。

次ページフェラーリの高級モデルが安く感じてしまう!?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT