ロールス・ロイスの真価問う14億円の高級車

顧客の要望に応じて1台を手作り

日本市場限定10台の完売が発表されたフェラーリ「J50」の価格は約4億円

先だって日本市場限定10台の完売が発表されたフェラーリ「J50」の価格は4億円に届く程であったし、フェラーリ「458MMスペチアーレ」と称すワンオフ・モデルは軽く6億円は超えていると言われる。これをスウェプテイルの14億円と比較すると、こんな高額モデルでも安いと思ってしまうところが怖い。

ただ、ほんの少し前までそんな高価なクルマが売られるなどとは考えられなかった。2002年に鳴り物入りでデビューしたフェラーリ・エンツォはいくらだったかというと、1億円にも達しない7000万円台だった。

高価なクルマが登場する理由

アルミ製スペースフレーム

近年このような高価なクルマがどんどん登場するのはなぜだろうか。クルマの構造的な面から言えば、1つには少量生産のクルマが作りやすい技術革新が挙げられる。カーボンファイバーやアルミ製スペースフレームなどの新しい技術によって、大規模なプレスマシンを使わない小ロット生産が可能となったし、再びボディとシャーシが分離でき、ボディをモディファイしやすい構造のクルマも生まれた。

このスウェプテイルもファントム・クーペがスペースフレーム構造であるから、それをベースにして自由なデザインのボディ懸架が可能になったといえる。さらにCADデータの活用や、切削マシーンの高性能化、3Dプリンターの実用化などにより1個のパーツからでも製作が可能になったことも挙げられる。

2014年にフェラーリ250GTOに56億円という落札価格がついた

顧客の心理面から言えば、2012年あたりから大きな盛り上がりを見せているクラシックカーブームの影響も大きいであろう。2014年にフェラーリ250GTOの記録した56億円余りというオークションの落札金額はいまだ破られないが、この数字が自動車の価値に対する感覚を変えたことは間違いない。

次ページクルマは投資案件の1つとしても捉えられるようになった
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT