「レクサスLS」最高級セダンに課された新使命

豊田章男社長は「初代の衝撃を超えろ」と指示

お披露目された5代目「レクサスLS」。デザインはクーペシルエットに一新された(撮影:尾形文繁)

トヨタ自動車は6月26日、都内で高級車ブランド「レクサス」の最高級セダン「LS」の新型車を日本初公開し、今年秋に発売すると発表した。

価格は未定。新型LSは11年ぶりとなるフルモデルチェンジで5代目。これまで圧倒的な静粛性と高い走行性能の相反する要素を両立したクルマ作りとして評価されてきたというが、今回新たに将来の自動運転につながる高度運転支援技術を搭載したことを強調した。

次世代車の開発競争が激しさを増す中、旗艦車種を武器に、ドイツ勢などライバルに差をつけたい考えだ。

新開発のエンジン、プラットフォームも一新

新開発されたエンジン。静粛性もレクサスの大きな売りだ(撮影:尾形文繁)

新型LSは新開発のV型6気筒3.5リッターツインターボエンジンと10速AT(自動変速機)を搭載した「LS500」、ハイブリッドシステムを搭載した「LS500h」を用意。プラットフォームも一新し、デザインは従来の4ドアセダンとは一線を画したクーペシルエットに一新した。

レクサスの歴史は1989年に米国で発売したLS(日本名は当時セルシオ)からスタート。当時、大衆車中心だったトヨタの高級車ブランドには冷ややかな目が多かった。

次ページLSが高級車の概念を覆した
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT