VW「T-Cross」はC-HRやヴェゼルに勝てるか

新顔コンパクトSUVに試乗して感じたこと

T-Crossは、質実剛健で実直なVWらしい実用性の高さも備えている。

例えば後席は、前後14cmのスライド調整ができ、もっとも前へ移動すれば、荷室容積を約1.2倍に増やすことができる。この状態だと足元のゆとりはなくなるが、それでもきちっと座っていられる空間は確保される。ただし、シート自体は、少し座面の長さが不足していると感じた。

また後席は、6:4の比率で背もたれを前方へ倒すことができ、それによって乗車人数や荷物の量に合わせたシートアレンジが可能だ。荷室の床を持ち上げると、スペアタイヤがない分(タイヤ応急修理キットで対応)小物入れとして使うこともできる。小柄な車体ではあるが、合理的な設計で実用性はかなり高い。

運転席のシートはたっぷりとした大きさで、ドイツ車らしい硬めのクッションとともに、体をしっかり支えてくれる。逆に小柄な人には、シートがやや大きすぎるかもしれない。

1.0リッターターボの走りの評価

走り出すと、排気量が1.0リッター以下の小さなエンジンにもかかわらず、ターボチャージャーの過給によって力を補い、1270kgの車両を十分に加速させた。ただ、エンジン回転数が毎分2000回転付近では、力の出方がやや足りない場面もあった。

気になったのは硬い乗り心地で、運転席ではもちろんのこと、後席ではとくに体が弾むほどで、快適とは言えなかった。1st Plusでは扁平率が45%という薄いタイヤが装着されており、路面からの衝撃を吸収しきれないのかもしれない。

「1st Plus」は18インチホイールを装備する(写真:フォルクスワーゲン)

彩り豊かなアルミホイールとともに見栄えはよいが、やや扁平すぎる選択だと思われる。今回は試乗できていないもう1台の特別仕様である1stは、60%扁平のタイヤが選ばれているため、乗り心地はだいぶ違うはずだ。

全体的には、最小回転半径が5.1mとコンパクトカーとしては十分な小回り性能も備え、都会での日常的な使い勝手もよいSUVではないかと思う。

ドイツ車は、導入初年度は多少気になる点が残ることがあり、翌年以降になると様変わりするほど改善される場合が多い。1stや1st Plusという特別仕様としての装備の充実などに魅力はあるが、全体的な調和がとれるのを待つのも1つの考え方だろう。

次ページ激戦区の中で売れるのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT