ボルボ「XC40」、専門家が絶賛するSUVの真価

コンパクトで都会派な新型車の実力を診断

ボルボのSUVとしては最もコンパクトな「XC40」(写真:ボルボ・カー・ジャパン提供)

世界的な自動車再編の流れで一時はフォードグループだったスウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズが中国の浙江吉利控股集団に傘下入りしたのは2010年。当時は中国資本の下でその先行きが不安視する向きもあったが、ところがどっこい。2017年は営業利益、販売台数とも過去最高を記録するなど、今、ボルボは世界の自動車メーカーの中でも躍進が目立っている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ボルボはフラッグシップSUV(スポーツ多目的車)の「XC90」からSPAと呼ばれる新世代のプラットフォームを採用しているが、それに伴った完成度の高いデザイン、安定した操縦性、安全運転をフォローする運転支援システムの充実などによって、世界の名だたる賞を総ナメにしている。

日本でも昨年、「年クルマ」を選出する「2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY:Car of the Year Japan)」のイヤーカーを受賞したのは、ボルボのクロスオーバーSUV「XC60」だった。

欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

そんなボルボに最もコンパクトな都会派SUVとしてラインナップに加わったのが「XC40」だ。今年3月末に日本で発売。すでに欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。最新のボルボの一連の流れを上級モデルから受け継いだスタイリングに最新のインフォテイメントシステムもさることながら、全体としては軽快でカジュアルなイメージ。それでいて、品格も備わっている。

このXC40に発売前後で触れた日本人のモータージャーナリストや自動車評論家などの専門家は声をそろえて絶賛している。悪い評判を聞くことがほとんどない。

それもあってか日本上陸前から、XC40を心待ちにしていたファンは少なくなかった。300台限定で日本に導入された「XC40 T5 AWD 1st Edition」はわずか2週間という、予想をはるかに上回るスピードで完売してしまったという。今後は四輪駆動だけでなく、燃費性能に期待できる前輪駆動や、内外装のカラーやスペックが異なる仕様が登場するようだ。

車両本体価格は389万円からの設定だ。日本の道路環境で走らせることを考えると、ボディサイズや取り回しやすさが気になるところだ。具体的に見ていくと、全長はミドルクラスのSUVとなるXC60よりも265mm短い4425mm。全高は1660mmで同じだが、全幅は1875mmで、25~40mmほど幅が狭い。

次ページこの車幅は狭い日本にはネック?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。