コロナによる「医師の離職」大量発生の実態

医療崩壊は、すでに身近で起きている

コロナによって、自身が経営していたクリニックを閉じることになったケリー・マクレゴリー医師(写真:Jenn Ackerman/The New York Times)

ケリー・マクレゴリー医師(49)がミネアポリス近郊に小児科クリニックを開いたのは2年前。患者とはクリニックでできる限りの時間を過ごし、保護者の疑問にも丁寧に答えてきた。

ところが、クリニックが軌道に乗り始めた矢先、新型コロナウイルスがアメリカを襲い、全国に広がり始めた。「個人経営のクリニックにとっては、ものすごくきつかった」とマクレゴリー医師は振り返る。

サージカルマスクが残り3枚だけとなり、患者への安全な処置が危ぶまれたこともあった。感染を恐れた家族からも避けられた。「オンライン診療も行ったが、クリニックの経営を維持していけるほどの規模にはならなかった」。

そして夫が別の州で新しい仕事を見つけたことで、クリニック閉鎖という苦渋の決断に至る。8月のことだった。「とてもつらかった。わが子も同然でしたから」。

閉鎖するクリニックが続出

クリニックを閉鎖しようとしている医師はほかにもたくさんいる。3500人の開業医を対象に、非営利組織の全米医師財団が7月に行った調査によると、コロナ禍の中で数千というクリニックが閉鎖されている。

ここ数カ月の間にクリニックを閉鎖したと回答した医師の割合は全体の約8%。1万6000カ所に相当するクリニックが消えたと同財団は試算する。加えて4%の開業医が来年中のクリニック閉鎖を予定している。

引退の時期を早めたり、医療業界を去ったりする医師や看護師もいる。年齢や基礎疾患など、自らの重症化リスクがきっかけとなる場合もあれば、感染拡大で急激に高まった現場の負荷に耐えられずにギブアップする場合もある。新型コロナで同僚や患者の命が奪われていくのを目の当たりにし、精神的な打撃から休養が必要になったケースもある。

ラリー・A・グリーンセンターと非営利のプライマリー・ケア(1次医療)協議会が共同で行った別の分析でも、同様のパターンが見られた。9月に調査した開業医のうち、自身のクリニックで新型コロナを理由に早期退職したか、早期退職を予定している人がいると答えた割合はおよそ2割に達した。すでに辞職者が出たか、辞職予定の人がいるとの答えた割合も15%に上っている。

次ページ精神的なストレスと家庭の事情
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT