コロナ禍は今後の新卒採用をどう変えるのか

合同説明会なく、インターンもオンラインで

2021年卒採用で起こった変化のひとつに、採用ホームページの閲読率の向上がある。合同説明会などの自粛により、企業と接する場がなくなったからだ。情報を得るために学生は企業が発信する採用ホームページを精読せざるをえなくなった。

企業も採用戦略を見直し、採用ホームページの強化に乗り出すところがかなり多い。

「採用HPの見直し」(商社・流通・1001人以上)

「マイページの開設」(サービス・301~1000人)

1社が「就活サイト利用の中止」を言明している。就活サイトが採用の王道だった時期は終わり、大学訪問や採用ホームページを軸にする動きが新鮮に感じられる。

「ナビサイトの活用は中止し、大学訪問やHPでの自然応募での採用をメインに切り替えた」(サービス・300人以下)

新しい採用チャネル

これまでの新卒採用は、広報チャネルとして就活サイトを利用し、合同説明会で学生と出会い、自社セミナーに呼び込み、応募につなげていくという流れだった。

この数年ではインターンシップという新しい広報・採用手段が盛況を極めてきたが、募集は就活サイトで行われ、参加の段階でエントリーシートが求められている。つまり、選考が行われているから、採用の構造として同一と言っていい。そういう構造では知名度に劣る中小企業は苦戦をする。そこで関心を集めているのが、新しい採用チャネルだ。

下記に紹介するが、人材紹介、ダイレクトリクルーティング、新卒紹介と多彩だ。特に多いのはリファラル(自社の社員による紹介)だ。「若手の学校訪問」をリファラル施策と書いている企業があるが、自社の社員を使える施策なのでハードルが低いのだろう。

「人材紹介会社の活用」(メーカー・300人以下)

「合同企業説明会への出展はやめ、その予算をダイレクトリクルーティングに回そうと考えている」(メーカー・300人以下)

「オファー型採用がどのぐらい活発になるのか気になっている」(サービス・301~1000人)、

「リファラル(若手の学校訪問)」(情報・通信・1001人以上)

次ページ大手ではAI面接の導入が進む
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT