「ポエム化しているのはメディアでしょ?」

最後に撃沈・・・ポエム化現象を全否定された!

日本中がポエムであふれている。
「夢」「勇気」「仲間」「絆」「寄り添う」「イノベーション」──。
何かを語っているようで何も語っていない抽象的な言葉が、政治やビジネス、ネット、J-POP界隈に蔓延している。
世の中はいつからポエム化し、人々はポエムに何を求めているのか?
ポエム化現象のナゾを5日連続で解明していく。
5日目は、編集者の都築響一さんに、詩とポエムの違いを伺う。
※1日目小田嶋隆さんはこちら
※2日目常見陽平さんはこちら
※3日中川淳一郎さんはこちら
※4日目マキタスポーツさんはこちら
都築響一さん 編集者、写真家
1956年東京生まれ。『ポパイ』『ブルータス』誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来 現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆・編集活動を続けている。93年、『TOKYO STYLE』刊行(京都書院、のち、ちくま文庫)。96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペクト、のち、ちくま文庫)で第23回木村伊兵衛賞を受賞。そのほか、『夜露死苦現代詩』(ちくま文庫)、『ヒップホップの詩人たち』(新潮社)など著書多数。
 

プロが批評の対象にしない“現代詩”のすごみ

編集者の都築響一さんは、言葉のプロや評論家たちが批評の対象にすらしない“ストリートの現代詩”を集めて、著書『夜露死苦現代詩』に収録している。

それらは、これまで紹介してきた、ちまたの「ポエム」とは何かが違う。

たとえば、暴走族の特攻服に刺繍で書かれた詩──。

天から貰ったこの命
咲いて散るのが我人生
たとえこの華散ろうとも
一生一度の青春を
地獄で咲かせて天で散る
(略)

 

うまい。そして必死さが伝わってくる。「刺繍するのに、大きな文字だと数千円かかる。国語の成績なんてあまりよくないであろう暴走族たちが、一生懸命に詩作している。そりゃあ必死ですよ」。 

死刑囚が詠んだ俳句──。

布団たたみ 雑巾しぼり 別れとす
叫びたし 寒満月の 割れるほど

 

死を前にした心のありようが胸に迫ってくる。 

湯呑み茶碗に書かれた詠み人知らずの説教詩──。

一、高いつもりで低いのが教養
二、低いつもりで高いのが気位
三、深いつもりで浅いのが知識

 

思わず膝を打つ。……あれ、「ポエム」を説教されている気もする。

次ページ相田みつをの美術館に行ったことがあるか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT