「ポエム化しているのはメディアでしょ?」

最後に撃沈・・・ポエム化現象を全否定された!

「詩」にあって「ポエム」にないもの

みつをはいったん置いて、「詩」にあって、マンションポエムや求人広告、ネット上に垂れ流されている「ポエム」的な文章にないものは?

都築さんは、「『詩』と『商業ベースに乗った言葉』を、同列に論じることに違和感がある。商業ベースでない文章は、みんな自由に書いたらいいじゃないですか」と、釈然としない様子。

だが、「『文学』と『商品』、あるいは『普通の言葉』はどう違うのか?」と問いを置き換えたうえで、「マーケティングをするか、しないか」「リアリティがあるか、ないか」と語った。

「『商品』は、想定購買者層を決めて、その層に向けて作るので、その時点でもうリアルではない。おカネを出してくれる人の気持ちになって書くのだから、いくら上手に書いても、それはウソが上塗りになるだけです。もしかすると自分自身ですら、その商品を全然欲しいと思っていないのに書いていたりする。

でも『文学』は、誰かに向けて書いているのではない。書かざるをえない、言わずにいられない何か切実なものがあって、自分の気持ちをぴったり表現してくれるものがほかにないから自分で書いている。自分だけのものなのです」

他人の目を意識して、そこに焦点を当てた瞬間に、言葉がウソになるというジレンマが生じてしまうのだ。

誰も踊ってなんかいない

しかし、「仮に『商品』としての言葉が『ポエム化』していたとしても、いったい何の問題があるのか?」と都築さんは聞き返す。

「読んでいる人はだいたい書いている人より賢いですから、誰も言葉で踊ってなんかいないと思います。踊っているのはむしろ書いているほうですよ。『ポエム化』『ポエム化』と連呼して特集を組んでいるメディアのほうが、よっぽど『ポエム化』しているんじゃないの?」

最後まで「ポエム化」現象を全否定する都築さんに撃沈……。 

つまづいたって
いいじゃないか
にんげんだもの

 

こんなとき、みつをの詩がなぐさめになるんだなあ。 

 

 (撮影:梅谷秀司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT