じわり人気、代替肉使用「ソイバーガー」の正体

ロッテリア、モスバーガーが採用する「パティ」

ほどよい厚さのバーガーを一口かじると、まず、レタス、トマト、玉ねぎなどの野菜の香味が口内を快く刺激。パティは食感、味わいともに軽さがある。バンズ、野菜と溶け合い、調和した味となって、口の中に広がってくるような印象だ。

しっとりしているので、歯ごたえ、舌触りは肉に近いかもしれないが、後味がとてもスッキリしているのが、やはり植物性素材ならでは。

チーズバーガーは今回試食しなかったが、これに乳製品の濃厚さがプラスされるので、さらに味わいのバランスがいいのではないだろうか。

実際に、ソイ野菜チーズバーガーのほうがソイ野菜ハンバーガーよりも売れ行きがいいようだ。同社によると、ソイパティだけでも同社としては思い切った取り組みだったので、ラインナップまでは当初考えていなかった。ところが、発売後に「チーズバーガーを販売してほしい」という声が消費者から寄せられたのだという。

しかし、ゆるいベジタリアンにとって、足りなくなりがちなタンパク質や脂肪分をチーズで補うという感覚は普通なので、そもそも当然考えられる組み合わせであろう。

年に1度だけ販売する「ジビエ鹿肉バーガー」(写真:ロッテリア)

同社ではソイミートへの対応以外にも、SDGsや環境問題を意識した取り組みを続けていくとしている。その1つとして、2016年から開始したのがジビエ鹿肉バーガー。害獣指定されている鹿肉を採用し、日本ジビエ振興協会との連携で開発した。

現時点では不定期で年に1回だけ店舗を限って販売している。そのうちの1つ、銀座店舗では、食に対する意識が高い、30代前後の女性客をターゲットにワインとともに提供。税抜720円と高級ながら、毎回好評とのことだ。

ジビエ鹿肉バーガーは今後も発売予定だが、時期は今のところ未定だ。2019年は11月29日、「いいにくの日」だったが、現時点で未発表のため、今年はその日ではないと予測される。

ほかのチェーンについても、駆け足で触れておこう。

肉に近いボリューム感があるモスバーガー

モスのグリーンバーガーは、文字どおりきれいなグリーンのバンズが印象的だ。パティには大豆のほかこんにゃくやキャベツを加え、歯ごたえを出している。

モスが5月19日に本格発売した「グリーンバーガー」(税抜き538円)。肉に近いボリューム感という意味では、今回食べ歩いた中では1番(筆者撮影)

バンズにもほうれん草が練り込んであるので、全体で野菜をたっぷり食べられる、ヘルシーなバーガーという印象だ。カロリーは299kcal。

食べてみると、バンズのほうれん草の味が思った以上に濃く感じられる、個性派のバーガーだ。厚味のあるパティはこんにゃくなどの効果だろうか、食べ応えがあり、「チキンのひき肉でできたパティ」と言われても信じてしまいそうなぐらい、お肉に近い。

ただし豆の味わいもしっかり残っていて、トマトやソースと混じり合って爽やかで奥行きのある味わいとなっている。ホームページの情報によると、バンズ生地をふっくらとさせるバターや、チキン、玉ねぎなど、うま味を出す素材を使えない分、おいしさを出すのが難しく、開発に半年かかったという。

次ページモスは9種類のレギュラーメニューがソイパティにできる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT