美筋女王が食べまくる「肉」の意外すぎる中身

普通のOLを10カ月で優勝に導いた謎肉の正体

30歳から始めた「ビキニフィットネス」で、5年連続日本大会優勝。タンパク源である「肉」を日々研究するうち、食べた肉の種類によって筋肉の質が変わるのを実感するようになった(写真:著者提供)  
オーストラリア・ニュージーランド銀行、シニアリレーションシップマネジャー。社内トップクラスの営業成績を誇るエリート銀行員でありながら、オールジャパン・ビキニフィットネス選手権大会では「5年連続チャンピオン」、IFBBビキニフィットネスでは「日本人最高の世界4位」を獲得するなど、「競技と仕事の二刀流」にこだわり続ける安井友梨氏。
SNS総フォロワー数は20万人を超え、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)、『みんなで筋肉体操』『ガッテン!』(NHK)、『マツコの知らない世界』(TBS)など、メディア出演も多く、「食べまくりダイエット」と「効率的な筋トレ」で注目を集めている。
先日、『筋肉をつけて24時間代謝を上げる! 働きながらやせたい人のための「食べまくりダイエット」&「超時短ゆるガチ筋トレ」――自宅でできる簡単メソッド』を上梓し、その驚くべきメソッドを全公開した。モデルやタレントなどにも食事指導をしているという安井氏本人の意外な「食肉事情」とは?

食べる肉種によって、「筋肉の質」が変化する!?

第1回の記事「30歳大食いOLが10カ月で『美筋女王』になった訳」でもお伝えしましたが、私は30歳を超えてから「ビキニフィットネス」という競技を始めて、10カ月で日本チャンピオンになりました

『筋肉をつけて24時間代謝を上げる! 働きながらやせたい人のための「食べまくりダイエット」&「超時短ゆるガチ筋トレ」――自宅でできる簡単メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

それまでは普通のぽっちゃりOLだったのですが、一念発起して食事法を変え、トレーニングをして、それから5年連続で全日本大会優勝を果たしています。

本当は甘いものや炭水化物が大好きな私ですが、筋肉をつくるためのタンパク源である「肉類」については、日々研究を重ねています質のいい筋肉づくりのためであるのはもちろん、味も栄養価も満足できるものをつねに探し求めていくうちに、食べた肉の種類によって筋肉の質が変わるのを感じるようになりました。不思議ですが、自分に合う肉を食べると、全身の筋肉が喜んでいるのがわかるのです。

そこで今回は、私の「食肉事情」をお知らせしたいと思います。

次ページ美筋女王絶対おすすめの「あの肉」、1つ目は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT