ホテル三日月「武漢帰国者」受け入れで得た教訓

GoTo取り込みのカギ握る「感染予防」の舞台裏

今年1月、全国で初めて武漢帰国者の受け入れに臨んだ勝浦スパホテル三日月。この経験を基にしたガイドライン「三日月スタンダード」で、宿泊の安全性をアピールしている(記者撮影)

中国・武漢からの帰国者を国内のホテルで初めて受け入れ、全国から注目を集めた勝浦スパホテル三日月。早期からコロナと対峙した経験が今、客を呼び込む重要なポイントになっている――。

都心から特急列車で約90分、南房総の観光地として知られる千葉県勝浦市のランドマーク的存在である三日月。武漢からの帰国者受け入れなど、コロナ禍で2度の休業を経験した。

しかし、夏場以降はGoToトラベルキャンペーンの効果もあり、11月の予約数は徐々に回復基調。土曜日などは予約で満室になることもあるのだ。

創業家出身の社長が受け入れ決断

背景にあるのが、コロナ感染を心配する客に向けて、業界でいち早く講じた感染対策。緊急事態宣言が解除されて間もない6月から、医療機関が監修した独自の感染防止ガイドライン「三日月スタンダード」を公表。それを着実にアピールしてきたのだ。

三日月が帰国者を受け入れたのは1月29日。スタッフを含め、感染への恐怖や後の風評被害の懸念もあったはずだが、創業家出身の小高芳宗社長は政府からの要請に対し、「いつかどこかがやるのであれば、三日月が先にやる」と決断したのだった。

このとき、感染症科を擁する亀田総合病院(千葉県鴨川市)の医師が三日月に常駐し、スタッフは極力接触を避けてサービスを提供するなど、病院と協力して受け入れ体制を構築していった。

次ページ亀田総合病院から学んだこととは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT