24時間ジム「エニタイム」コロナ禍でも強気の訳

国内運営会社トップに聞く勝ち残り戦略

エニタイムは24時間営業のコンビニ型ジム。ここ3、4年で急速に店舗数を拡大し、今年8月に800店を超えた(筆者撮影)
新型コロナウイルスの影響により、フィットネス業界が大打撃を受けている。一部の総合スポーツクラブでクラスターが発生したのをきっかけに、各施設で退会する会員が続出し、業界は厳しい経営状況に陥っている。
そうした中でも気を吐くのが、「24時間年中無休」をうたったコンビニ型ジムの最大手、「エニタイムフィットネス」だ。エニタイムは鉄道駅周辺のビル内を中心に60~80坪程度の小型ジムを展開。筋トレや有酸素運動のマシンに特化し、夜間~早朝はスタッフ無人で営業するスタイルだ。
エニタイムはアメリカで誕生した業態で、日本ではFast Fitness Japan(FFJ)が運営本部となってFC(フランチャイズ)をメインに店舗を展開。①生活圏の便利な場所にある、②いつでも使える、③会費が総合型フィットネスクラブより安い――などの点が特に若い世代から支持され、フィットネス業界に大きな旋風を起こした。
その成功を見て異業種などが業界参入し、同じような24時間営業の小型ジムが各地で次々に登場。さらに今年はコロナ禍の逆風にも見舞われたが、依然としてエニタイムは積極出店を続け、あくまで拡大路線をひた走っている。
コロナの終息が見えない中での大量出店に危うさはないのか。また、24時間ジム同士の競争環境は今後どうなるのか。FFJの土屋敦之社長に聞いた。

30~40代の家庭を持つ人の退会が目立った

――コロナ禍で店舗の営業や会員数にどの程度の影響がありましたか。

4、5月は自治体からの休業要請を受け、ほとんどの都道府県で店舗の営業を見合わせた。FC店、直営店のいずれもそれが一番大きな打撃だった。

また、会員の退会や休会もかなり出た。具体的に言うと、58万人いた会員が一時は50万人に減り、それとは別に休会者が6万人出た。退会された方は30~40代の家庭を持っている人や女性が多かった。

ただ、昔からある総合型フィットネスクラブ(スタジオやマシン設備、浴場などを完備した施設)では、今回のコロナ影響で会員が2~3割減ったとも言われている。それに比べたら、われわれが被った打撃はまだ少ないと言えると思う。

筋トレなどのマシン設備に特化し、会員は20~40代の男性が大半を占める(写真:大澤誠)※写真は2018年に撮影したもので、現在は施設内でのマスク着用が実質的に義務づけられている

――総合型に比べて退会が少なかったのはなぜでしょうか。

総合型は高齢者の会員が多いのに対して、エニタイムの利用者は20〜40代の男性が中心。特に若い20代の単身者はコロナ下でも筋トレなどのトレーニングを欠かさず、高い利用率が続いている。

よくフィットネス業界はと一くくりにされがちだが、そもそも総合型と24時間ジムは仕組みや利用のされ方がまったく異なる。総合型は共通の更衣室やスタジオ、大浴場があって、中高年の顔見知りの会員たちが談笑したりする場にもなっている。

次ページ総合型と24時間ジムの違い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT