「正当に評価されない」と嘆く人が欠く根本視点

考え方を身につければ楽になる

出所:『言いにくいことはっきり言うにゃん』(笠間書院)
仕事で起こる悩みから自分を守るにはどうすればよいのでしょうか。その解決策の1つは、考え方を変えることです。漫画家Jam氏の新刊『言いにくいことはっきり言うにゃん』から、「それ、誰かに言ってほしかった!」と思える厳しくも温かいアドバイスを、漫画とともにお届けします。

頑張っているのに評価してもらえない

どんなに頑張っても、自分が思うほど周りが評価してくれないときもあります。でも、落ち込む前にこう考えてみてください。正当な評価をするには、評価をする側にもそれを評価するための能力が必要なんです。

私は誰かに称賛の気持ちを伝えたいとき、どんな言葉を選べばいいかすごく悩みます。的外れなことを言っていないか? こんな月並みな表現でいいのか? 自分の語彙力に自信をなくしてしまうこともあります。

文句を言うのと違って、褒めるためにはより表現力も必要で、それを形にして伝えるのはとても難しいし、勇気がいるんです。

出所:『言いにくいことはっきり言うにゃん』(笠間書院)

「便りがないのは元気な証拠」ではありませんが、よくも悪くも何も言われないのは、「問題がない証拠」でもあります。人間ってネガティブなものに対してのほうが敏感なので、あなたの頑張りが認められないなら、そのことは真っ先に伝えてくると思います。

だから、特に評価がされないときは、「現状で問題がないんだな」くらいに思ってください。少なくとも、落ち込む必要はないと思います。

次ページパワハラから逃げられないときの対処法
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT