「世界最低水準」続ける起業小国・日本のリアル

全米No.1ビジネススクールで教える起業三原則

企業の中でも同じ傾向がある。新規事業もやはり失敗するリスクは高く、失敗をすれば組織内でのキャリアが絶たれてしまう。そのような状況では、新規事業に挑戦する人はほとんどいなくなる。

そのうえ、日本は、失敗に対して厳しい、失敗を容易に許さない社会ともいえる。

失敗への恐怖心に打ち勝ったとしても、周囲の失敗への寛容度の低さとも対峙しなくてはならない。起業をしようと考えた日本人が頻繁に直面する3つのブロックがある。

親ブロック:子どもが起業すると言えば親が猛反対
嫁ブロック:夫が起業すると言えば嫁が猛反対(逆の「夫ブロックもあり」)
子ブロック:親(とくにシニア世代)が起業すると言えば子どもが猛反対

起業した人ならば、どれかひとつは体験しているのではないだろうか。もし、どれも体験していなかったならば、とても幸運だ。日本では、自らの持つ失敗への恐怖心が高じて、人の失敗に対する寛容度も低くなっている。起業家を応援する投資家にすら、その傾向が見られる。

日本の失敗に対する不寛容さを知る、よい例がある。

起業家は、資金調達する際に、投資家から「過去にどんな失敗経験があるのか?」と質問を投げかけられることが多い。ここに日本とそれ以外では違いがある。

アメリカにおいては、失敗経験は学習効果を期待されて、ポジティブに働くことが多いので、起業家は恥じることなく失敗経験について堂々と語る。逆に、失敗したことのない起業家は、ネガティブな印象をもたれてしまうくらいだ。

一方、日本では失敗経験を語ると、「また失敗するのではないか」とネガティブなイメージが強くなり、2度目のチャンスが与えられにくくなる。起業には失敗がつきものなのに、失敗経験によって資金調達が困難になるというのであれば、この不寛容さは起業を阻害する以外のなにものでもない。

失敗を許さない社会では、失敗を「恐れる」「責める」「隠す」だから「学べない」……だからますます失敗を「恐れる」。そうした負のスパイラルが生まれている。では、どうしたら、この負のスパイラルから抜け出せるのか。

小さく失敗して大きな成功につなげていく

「起業に失敗はつきもの。だから失敗を恐れるな。とはいえ、なにもむやみに失敗をしろというのではない。まずは、自分にとっての失敗をあらかじめ定義することだ。なにをもって失敗とし、どこまでなら失敗しても大丈夫、という定義と許容範囲を明確にする。ある程度のミスはありきとして設定しておくということだ。それは使える資金の限度額だったり、費やせる時間だったり、信用だったりする。そうして自分にとって失敗がなにかを定義づけし、失敗を事前に予期し、認識することによって、リスクを支配することが大切だ」

本書の中で、失敗博士が、失敗を警戒する登場人物たちに、こうした内容のアドバイスをするのに、筆者はカジノの例を挙げている。

次ページとれるリスクを見極め、行動し、失敗から学ぶ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT